コレットは死ぬことにした

幸村アルト

3.87

8958

発刊:2014.07.18 〜

完結・全20巻

狂犬ハウザーさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

読切で大人気をはくして連載化決定! 薬師コレットと冥王ハデス様との神話級ロマンス☆ 薬師コレットは毎日大忙し。 食事してるときも、寝てるときも、朝から夜までお構いなしで休む暇がない。逃げ場がない……。 疲れたコレットがとびこんだのは井戸の底! 目が覚めるとそこは冥府で!?

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.87

155件の評価

チョコさんのアイコン

チョコ

harina
1ヶ月前

4.1

20巻まで読みました

ハデス様が死ぬほどカッコイイ。

なかなか強烈なタイトルで、開始早々コレットが井戸に身投げという秒でタイトル回収(笑)出落ちかい〜って思わなくもないけどだんだん読んでいくうちに『コレットは(ハデス様にキュンキュンしすぎて読者もろとも)死ぬことにした』なんでは!?と思ってみたり。

冥府の王、クールビューティなハデス様や、自由気ままな大神ゼウス、旅の神様ヘルメス、麗しの軍神アテナ、奔放な愛に生きるアフロディーテなどたくさんの神様が好き勝手してて、八百万の神様文化な日本にも通じるものを感じる…。

主人公コレットの名前可愛いなあ。目の前のことにひとつひとつ一生懸命取り組み、自分の恋心にもわからないながら向き合って行く姿は可愛らしくもあり…壮絶な過去はちょっと聞いてる方が辛いというか泣けるしコロナ禍の今の時代にはなんか人事でないというか。

まあとにかくガイコツ達も骨がきしんだり頭が飛散しそうなほど敬愛するハデス様、パネェっす。「おいで」の破壊力よ。(しかも結構我慢してるらしいですわよ)

しかし不老不死のハデス様と、人間のコレットの恋が普通にいくはずはなく…最後にもう一度デカい真のタイトル回収があるのかなあとふんでいます。どういう意味でコレットは『死ぬこと』になるのか、はてさて楽しみなような終わって欲しくないような。

最終まで読んで追記:
凄く素敵な最終回だった。あとギリシャ神話を知ってるとより面白く楽しめ、元ネタとアレンジの塩梅も楽しめていいね

惚れた

すべて表示

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...