ToLOVEる 」の検索結果

5832

並び替え:

    どの編もそれぞれ良さがありますが、私は縁編が好きです。結局、人斬りの罪と剣心が向き合う、それが核の話だと思うので。縁や巴、キャラクターも素晴らしいですが、敵役は魅力に欠けるかな。志々雄編で完全燃焼してしまった感がありますね…… 今年の夏の実写映画も楽しみ! 本当に名作だと思います。by かるすとん (17)

    競技かるたを知らない人でも熱くなれるスポーツと恋愛がうまく混ざった作品。 かるたを通して変わる登場人物の心理描写がとても綺麗だし、共感できるものが多い。また、登場人物全員に無駄がない。全員に過去や思いがあり、嫌なキャラクターが出てこない。 かるたをしてるシーンは迫力満点で、最後の1枚までどうなるか分からず、ハラハラもさせられる。by れとれとさん (483)

    2020/07/26、全巻。 2.3巻らへん途中。リョータの響のこと何でも知ってますよスタンスがうざい、ほんとに当たってんのか⁉︎小説家方面の道もこいつがセーブして閉ざすのいや。 8巻らへん。アニメプロデューサーの人めちゃくちゃムカつくうざ。けど響がテレビ局乗り込んで仕返しするの超スッキリ。8巻いちばんドキドキした。 響の才能を利用しようと次々と敵が出てきてその度に響やっつけてスッキリするみたいな構図ある気がする、たのしい。 10らへん。現実世界でも漫画でもあることだけど、顔出ししてない人とか一般人をマスコミが勝手に撮って流すっていいの?プライバシーとか法律的に違反じゃないの?家の周り張り込んだり学校周りで取材したり迷惑掛けてるのって捕まらないのかな。生中継で取材してスタジオの人が当たり前のように見てみたいですねーてコメントしてるけど一般人の生活壊しといて普通ってきもない?ってゆーのが現実でもあるあるなのが気付かされたりミーハー反省したり。 13巻よんだ。もーおもろ。止まらん。響の才能完璧のとこと、我慢しない性格とか、友達大事にするとことか、良いキャラで好き。人を優劣で判断したり見下したりせず、自分のことしか興味ないっていう徹底した性格が格好いい。ストーリーが続きもんで長くて少し疲れちゃうけど。by nfqjc (573)

    今までの人生で一番ドハマリした漫画です. 何十回読み返したかわかりません. アニメはBlue-rayを全巻予約しました. 巧みな台詞に加え,繊細な表情や何気ない描写が想像力を掻き立て,直接的な言葉よりも一層感情が揺さぶられます.一度二度読んだだけでは真意が掴みかきれない部分があったり,数度読んで初めての発見があったりと何度読んでも飽きません. よくある恋愛漫画の両思いになったらハッピーエンド,ではなく両思いになったらある意味バッドエンドという設定が斬新です.にもかかわらずその方向へ進んでしまう,破滅への過程はハッピーなのでなんたるジレンマでしょうか.キャラの心の動きがしんどいんですけどそれでも惹きつけられてしまいます. 好きなところは多すぎて書ききれませんが,一つ挙げると6巻の侑の表情が全体的にしんどくてたまりません.燈子が変わることができて嬉しいのだけど,もう特別ではいられない,それを体現したような切なげな表情が堪らなく好きです. これを読まずに人生が終わらないで心底良かったと思います. アニメがそろそろ終わりますが,なんとか2期をやって最後まで観たい作品です. 百合作品では勿論あるんですが,その範疇に留まらず愛とか恋,好きについて深く考えることができる傑作だと思います.百合好きだけでなく全人類に読んでもらいたい作品です. by リリー (1)

    本格的コスプレマンガ。 久しぶりに再読しましたが、面白くて一気読みしました。 超純情な主人公のキャラも良いですし、女の子達もコス衣装も可愛過ぎて素晴らしいです。またコスプレについて全く知識がありませんでしたが、この作品だけで今風の具体的なコスプレ知識が身に付いた気がします。絵も大きなレイアウトが より作品を魅力的に魅せている感じがします。by シン (737)

    笑いの要素がかなりふんだんに詰まってる。基本ふざけた内容であるが、たまにあるシリアスな場面では思わぬ名言も出てくる。 ちなみにダイビングサークルを舞台にしてますが、ダイビングの要素はかなり少なく内容の6〜7割は飲み会です。by スーパードライ (10)

    日常系の一つの完成形。 よくある日常系では、○○部の内部の閉じた空間がメインで描かれるが、この作品は違う。ジジババ世代から孫世代までの幅広い層にわたる登場人物に、彼らはそれぞれ異なる人間関係を持っており重層的な世界観を形作っているのである。そのため、「閉じた空間」を描いた作品では、どうしても現実感が欠けてしまいがちになるのに対し、この作品は、今となっては過去の存在になりつつある「人情あふれる下町」を舞台にしているにもかかわらず妙なリアリティがある。登場人物がみな現実の世界の住人であるかのように感じられるのである。 良い日常系作品の条件というのは、人と繋がりあう素晴らしさと、大切な人と過ごす日常の貴重さを伝えてくれることであると私は考えているが、それ町はリアリティがあるだけでなく、この条件も十分すぎるほど満たしている作品である。これはもう文句の付けようがないと言ってもいい。自信を持っておすすめできる作品である。by くるふら (7)

    人間離れした超人も、いったいどのような理屈でそうなるのかわからない超絶技も出てこない、いかにもマガジン的なスポーツ漫画。ジャンプ的な「黒子のバスケ」あたりとは対極にあります。でも、キャラの一人一人が悩みながら葛藤しながら進んでいくのは共感できるし、好きだな。by (89)

    【見える子ちゃん】 何が怖いってまず自分だけが見えてしまうこと。 自分の頭がおかしいんじゃないかって思うよね? 世界から自分だけが爪弾きにされた気持ちにもなるかもしれないし、そもそも生理的に無理。 造形から有り様から本当に怖いのよ。 加えて余りにも見えすぎてしまうが故に時に化物と人の判別が難しいこともあり、更には見えないフリをするがために化物や憑いているモノの性質が全く分からないこと。 見えているのに分からない。 それが本当に恐ろしい。 これは見えるヒロインみこが化物と向き合い対峙しあまつさえ成仏させてしまうような物語ではなく、あくまで見えるだけの普通の女子高生が恐怖におののきながらもひたすらに化物の存在をシカトしやり過ごすだけの物語。 だったのよ。 少なくとも2巻までは。 何が面白いって例えば化物をいかにシカトしてやり過ごすかとか女子高生が考えられる範囲でお払い的なことを試みるとか、勿論その辺はこの作品の肝でもあるので有り体に言ってもすっごく面白いんだけど、三者三様の見える子見えない子が揃ってからが本番というか、本当に加速度的に面白さを増していくのよ。 見える子見えない子の対比、そのおかしみだったり悲喜劇だったり、そこに中途半端に見える子が加わることによる誤解やすれ違い、危険性の増幅だったり、友情だったり。 善が臨時教諭として赴任して来た辺りを潮目に物語に大きなうねりというか潮流のようなものが生まれ、ただ見えるだけであったみこに化物と向き合う意志、覚悟のようなものが芽生え始める。 ここまででも背筋がゾクゾクするほど面白かったのに、ここから更に面白くなっていく予感がプンプン漂ってきちょりますよ。 示唆深い話やホロリとさせられる話もあったり、本当に懐の深い作品です。 今が読み頃。 ぜひ一読あれ! by きゃないん (2)

    ひるなかの流星

    3.58

    5190

    115

    発刊:2011.10.25

    完結・全12巻

    大学1年くらい。絵好き。優貴が大好きな作品。ごたごたしてなくて読みやすい。先生が良かった。結構先生の流れだったから騙されたと言うか。男友達もイケメンだけど私的に先生のがタイプだから残念。 担任と生徒。女は田舎から1人で引っ越して叔父さんの家に暮らす。担任と叔父さんが友達なので距離が近くなる。女惚れる。男も気になってたけど、惚れてることに自覚。良い感じの期間あるけど、先生だからやっぱりだめだと、男がフる。女は引きずってたけど、男友達が告ってきてそいつにやや惹かれ、前向きな気持ちで付き合う。ずっと先生を気にかけてはいるけど。先生はやっぱり女が好きで再び告る。女はぐらぐら揺れたけど、男友達がいつもそばで支えてくれてて大事な存在だと気付き、先生をフる。男友達に告り直してくっつきハッピーエンド。by nfqjc (573)

    2020/07/02、11巻。最初の方はドラマと並行に観てたけど、みくり達がハグし始めるとこらへんから漫画の方が面白く感じてこっちを読んだ。ラブシーンがドラマより漫画のが好き。同居してて両想いなのに互いに言い出せずそれぞれ別の部屋で片想いみたいに想ってるとこが良い。あと8?多分9かな?どっちか忘れたけど、契約関係から籍を入れるかって話になって、有償で家事をするか、共働きになって家事を分担するかの話し合いの結末が、分担すると強制感出てやらなかった時がイライラするから、思いやりでやって感謝し合う、ていう提案が良くていいなと思った。by nfqjc (573)

12345