読んだ・読みたい漫画を探す

検索

15

18世紀フランス革命前夜。平民の出ながら、ベルサイユ宮殿で貴族以上の権勢を誇る“仕立て屋”がいた。彼女の名はローズ・ベルタン。悲劇の王妃マリー・アントワネットの寵愛を受け、革命の波にのまれていった、ファッションデザイナーの祖と称される人物の物語。

3巻☆4 →4巻☆5 作者の色が結構出てきました。 コミカルで人間味のあるアントワネット、好きです。 18世紀フランス、ひとりの女性が時のマリー・アントワネット専属のファッションデザイナーを目指す歴史漫画。 基本的に登場人物も物語の大筋も史実に沿っています。 内容はわりとゴリゴリの西洋歴史漫画です。 当時のあらゆる考証が細かく、街並みや衣服等の描き込みが尋常じゃないです。 各話の後に作者さんと編集さんの雑談形式で当時の文化や風俗、歴史などが紹介されますが、すっげぇ勉強になります。作者さんは相当な歴オタだそうですが、それも頷ける。 蛇足ですが、史実ベースの西洋歴史漫画といえば、やはり惣領冬美先生の『チェーザレ』を想起しますが、あちらはイタリアが舞台。 フランスといえば『イノサン』ですかね。本作と同時期ですし、『イノサン』にも少しローズベルタンが登場します。 次代のフランスが舞台の歴史漫画といえば本作、になり得るんじゃないでしょうか。 完結まで追いたいと思います。 ちなみに、「マリー・アントワネット」については坂本眞一先生の『イノサン』、惣領冬美先生の『マリー・アントワネット』でザックリとは知っていましたが、アントワネットの結婚のために例の人工橋を作ってオーストリアとフランスの国境を跨ぐシーン、色々な描き方があって少し感動しました。 同じシーンでも描き手が違うと印象もだいぶ違うんですね。主題が違うので当たり前なんですけど、それぞれ見比べるのが楽しかったです。

by せーふぁ (687)

その服は、着た人の人生までも変えてしまう――。紳士服の聖地イタリア・ナポリで修行を積んだ天才仕立て職人・織部悠が祖国日本に凱旋。東京の下町・谷中のテーラーを舞台に、悠の仕立ての妙技が冴え渡る! 服飾コミックの金字塔、第4部は待望の日本編!!

『女王と仕立て屋』の書影

女王と仕立て屋

3.37

659

発刊: 2016.0.6 ~

完結・全1巻

その店のスーツを身につけたものは成功を収めると言われている骨董通りにある仕立て屋・SHIDA。仕事の合間に店を訪れたインテリア・デザイナーの城野大海は、強面の無愛想な男と出会う。彼こそが伝説の仕立て屋・志田だった。仕事に誇りを持つ志田の姿に、仕事で行き詰まりを感じていた大海はあこがれ、惹かれていく――。意地っ張りのインテリアデザイナー×強面の仕立て屋の恋。雑誌掲載時のカラーを再現したデジタル版限定仕様!

腕利きの職人が集まる紳士服の聖地ナポリで小さな仕立て店を営む織部悠。彼は日本人でありながら伝説の職人マリオ・サントリヨが唯一認めた弟子で、“究めし職人”と称される男である。そして、そんな悠に頼りきりなのが新興服飾ブランドのジラソーレ社。社長以下、美人で個性的な女性社員たちが毎回、あれやこれやと困難な依頼を持ち込んできて…!? 依頼人の人生を一変させるプロの仕立て7本+特別描きおろしを収録!!  

『王様の仕立て屋 サルト・フィニート』の書影

王様の仕立て屋 サルト・フィニート

3.38

533

発刊: 2004.0.1 ~

完結・全32巻

イタリア・ナポリの泥棒市に住む日本人、織部悠。ナポリ中の“究めし職人”から“ミケランジェロ”と賞賛された伝説の名仕立て屋が、唯一認めた弟子である。彼が受け継いだ至巧の技と、イタリアの比類なき伝統が一着のスーツに蘇生した時、それを身に纏った者の人生に珠玉のドラマが生まれる。

紳士服の聖地と呼ばれるナポリに“究めし職人”と呼ばれる日本人がいた。彼の名は織部悠。伝説の名仕立て職人マリオ・サントリヨが唯一認めた弟子である。彼が受け継いだ至巧の技とナポリの伝統が結実する時、そのスーツは纏う者の人生をも変えていく──。

『仕立て屋と坊ちゃん』の書影

仕立て屋と坊ちゃん

3.00

246

発刊: 2015.2.2 ~

完結・全2巻

「ずっと前から好きでした! 」 「……知ってるよ?」 良家の御曹司・秀一郎には長年片想いをしている相手がいる。 スーツのオーダーメイド店「テーラー片山」の店主であり、妙な色気の持ち主の片山 彰だ。 年の差もあり、相手にして貰えるはずもなく…なんとか振り向いて貰おうと必死にアプローチするものの、軽くあしらわれるばかり。 けれど口説き続けた甲斐あって、片山はカラダだけは許してくれるようになり――? 純情な青年×手強い大人、難攻不落の恋。

「俺好みに本気で調教させてもらうよ?」私の体に刻まれるあなたの所有印。その所有印が消えかけた頃に彼をまた求めてしまう!! 「きみは見ていることしかできない」「俺に好き勝手される姿を」身動き取れなくて怖いのに、彼のささやく低音と大きな手のひらにぞくぞくする…!! 「何をされるかよく見ていなさい」たくさんのお酒は胃を焼くだけで眠らせてはくれない。会社の後輩に寝取られる形で彼氏と別れた私。そのつらさを忘れるためにお酒に頼っていた時に、彼氏よりいいセックスで眠らせてくれると言う男が現れた。眠れなかったら一生分のお酒をおごると自信満々。それなら一生分のお酒をおごってもらおうじゃない…! 忘れられない甘い甘い彼の愛の魔法…!! ※この作品は雑誌「恋愛LoveMAX」「恋愛チェリーピンク」に掲載、または短編よみきり配信されたものを再編集したものです。デジタル配信版の雑誌「恋愛LoveMAX」「恋愛チェリーピンク」または短編よみきり配信をお求めになった方は、コンテンツ内容が重複する場合がございますので、ご注意ください。

『暴走プロポーズは極甘仕立て』の書影

暴走プロポーズは極甘仕立て

3.00

97

発刊: 2018.2.4 ~

既刊1巻

超過保護な兄に育てられ、23年間男性との交際経験がない彩香。そんな彼女に求婚してきたのは、イケメンなものぐさ御曹司だった!? 「恋愛や結婚は面倒くさい」と言いながら、家のために彩香と結婚したいなんて! 突拍子もない彼の提案に呆れる彩香だったけど、閉園後の遊園地を貸し切って夜景バックにプロポーズなど、彼の常識外の求婚はとても情熱的で…!?

『軍人と仕立て屋』の書影

軍人と仕立て屋

94

発刊: 2011.9.3 ~

既刊1巻

『作りませんよ、軍服は』有名テーラーに勤めるコウは、得意客のウォルフからの注文を断り続けていた。軍服は二度と作らないと決めたから…。けれど、幾度断ってもウォルフは足しげく店を訪れ、コウの決心を翻さそうと口説いてくる。その熱意はコウに甘い錯覚を起こさせるほどで──。貴族軍人と若き仕立て屋の、優しく紡がれる焦れ焦れラブv

『わがままと仕立て屋』の書影

わがままと仕立て屋

64

発刊: 2019.8.3 ~

既刊1巻

真面目な奴ほどHがねちっこい生真面目なテーラー×ビッチな御曹司【特典ペーパー付き!!】 〈あらすじ〉「今日の相手の代わりに、オレと寝て」金持ちで遊び人の健は、寂しさを紛らわすためのセフレとの約束を、父親の一方的な取り決めでフイにする。その腹いせに、仕事で来ていた家お抱えの仕立て屋・紀人に、無理やりSEXをねだり――!?CONTENTS「わがままと仕立て屋」1話~4話「嫌いなアイツはハイスペック男 前編・後編」「あとがき」

『女房、きつね仕立て』の書影

女房、きつね仕立て

60

発刊: 2016.6.5 ~

完結・全1巻

「不思議」もどうぶつも人間も 自然に寄り添い暮らしていた そんなむかしの、物語。 ちょっぴりヘタレな着物屋の息子・吉太郎はある日ボロボロに弱った子狐を拾って助けた。ところがその狐、いわくありげな化け狐!? 吉太郎と子狐はある取り引きをして…!?

『はやしたてまつり♪』の書影

はやしたてまつり♪

3.56

358

発刊: 2017.5.2 ~

完結・全2巻

取材先には、伝統を守り、体より大きな太鼓を叩く、 ちょっぴり恥ずかしがり屋な女の子がいました。 新聞部の佐倉桜波は、地元文化を記事にするため お囃子の演奏家・龍谷巌に取材し、その演奏に、太鼓の響きに心を打たれます。 この感動を伝えるためには自分がやってみないことには 始まらないと思い立ち!? "まつりばやし"の調べにのせて、お囃子4コマ

1
Loading ...