アイア 」の検索結果

322

並び替え:

    お洒落な方じゃなくて熱い方のジャズ。こういうキラキラした音楽漫画が存在することが嬉しい。 音楽はスポーツに似た側面がある。田舎の真っ直ぐな普通の男の子がデッカイ野望を抱いて、毎日努力してレベルを上げて、上京して仲間を作って、生活に苦労しながらも大舞台に立つために、世界一のプレーヤーになるために、音楽にすべてを捧げる。そんな少年漫画みたいなノリと温度感のストーリー。 凄いのは音楽のプレイ中の描写。戦闘シーンやスポーツの試合などと違って物理的な動きがないため躍動感や熱量を伝えるのが難しいはずなのに、紙から爆音が鳴っているかのごとく迫力がある。荒々しいタッチや人物の表情や汗、楽器の輝き、それらが、魂を震わす演奏をしているということに対する説得力を出している。 1話分セリフが一切無くずっと演奏シーンを描いていたところがあり、そのページの構成にもびっくり。 観客の顔をよく描写する点も印象的だった。作者さんは音楽をよく分かっているなあという感じ。お客さんの喜ぶ顔こそ音楽の醍醐味。 ところどころ挟まるインタビューにて大が世界的なプレーヤーになったことを仄めかせ、本編は彼の下積み時代の伝記のように読める構成になっている。今まさに未来の怪物プレーヤーの誕生に立ち会っている、というワクワク感に心が震える。 とにかくいろんな面で「男らしさ」が強調されるので、良くも悪くも物語全体に男臭さが漂っていた。 毎日河原で日が暮れるまで練習して、体力は尽きなくて、楽器がボロボロになるまで雨の日も風の日も屋外で吹きまくって(本当は絶対ダメ)、楽器ひとつ持って一文無しで上京して、必死でバイトして生活費をなんとか稼ぎながら練習に明け暮れる、みたいな日本人が大好きな上京モノストーリーによくある粗野な男の子の生活。地元のバスケ部の友達とバカ騒ぎしたりたまにはちょっと真剣な約束交わして別れてみたり、そういう男同士のノリ。いちど腹を決めて上京したからには、夢が叶うまで絶対に故郷には帰らない、みたいなちょっと古い男像。眩しくて憧れる反面、私達には立ち入れない世界だから悲しく悔しくもある。 雪祈の10巻目の展開はちょっと予想外で、彼のルーツや積み重ねた年月を思えばそれがどれだけ辛いことかと思うし、でも作曲に転向するとのも彼らしいとも思った。 プレイ自体に音楽の喜びを見出すタイプと、作曲で音楽を理解しそこに至高の美をみるタイプと、それぞれいる。 身体で音楽を感じることと、頭で音楽を感じることは似ているようでぜんぜん違う。 とにかく勇気をもらえる作品だった。わたしもこんなふうに音楽に熱中したい、目指すものに向かって全力で駆け上がりたい。 それからブルーノート東京に行って本物のジャズを浴びたい。 彼のこれからの海外での活躍を見届けたいので、続編も必ず見ると思う。by kiri (9)

    1 4.3 ドイツ編。孤独感が刺さる。迷う気持ちの描写がうまい。 2 4.3 次巻以降伸びそうな気配。 3 4.1 前シリーズと比べると少しディスコードが気になる。 4 4.2 展開の書き方が相変わらず上手い。ストーリーは前シリーズと比べると弱い。 5 4.0 selfishという言葉が印象的。 6 4.1 フェス主催者側メイン。 7 4.2 主人公抜きの展開が新鮮。 8 4.3 絆の強さを感じるてんかが◎。 9 4.4 エンジニアとのやり取りが◎。 10 4.5 終わりに近づいているのがわかって切ないね。by kiki (13)

    ゾンビに溢れた世界で、戦い生き抜くサバイバルパニック漫画。 誰が味方で誰が敵なのか判然としない感じが不安感を煽ってきます。 気味の悪さと爽快感で、一気に読み進められました。 人間のダメな部分を惜し気もなく全面に出してくる辺り、青年漫画らしくて好きです。 そして、今作でよく言われるラストについて。 感染症なのか侵略なのか、結局随所に散りばめられた謎に全く触れずに終わったのは消化不良ですが、あの鬱屈とした一種の虚しさを感じる何にもならない締め方も個人的には結構好きでした。 B級感というか、やりたいこと終わって後は読者に丸投げする感じは、わざとらしさを覗かせない。 謎の解明後に、エピローグで22巻のオチってのが良かった気もしますが。 by ヴァッハ (105)

    使えうる全ての戦術と戦略を持って挑む超技巧派スポーツ漫画。選手に監督、スタッフやサポーター全員が一丸となって戦う現実さ、徹底的にリアルなサッカーを描いているのでこれきっかけでサッカーを好きになる人も多かったり。 特にサッカー好きや経験者であれば「それは熱い!」「これが実際出来たら面白い!」って言う試合や戦術があるから本当に読んでて楽しい。 現実でサポーターやってる人とかかなり共感出来る部分も多いんじゃないかな。by コースケ (145)

    海街diary

    3.61

    3833

    70

    発刊:2007.04.26

    既刊9巻

    文字多すぎる上に心情をご丁寧に説明しまくる山田洋次世界観についていけなくて僕は発狂しそうになる。ホントにみんなこれを名作だと思って読んでるの?僕の読んでるこれはみんなと違うパチモンの海街ダイアリーなんじゃないだろうか。なんども確かめてしまった。by peeping hole@ティアT42b (18)

    ARIA

    3.97

    2086

    27

    発刊:2002.10.01

    既刊12巻

    世界観が綺麗過ぎて、現実とのギャップに読んでいて涙が出てきてしまった。 ゆったり、のんびり優しい世界を感じられる。 好きすぎてヴェネツィアに聖地巡礼までしてしまった。また行きたい!by あのひと (918)

    liar

    3.19

    2055

    33

    発刊:2017.02.22

    既刊9巻

    2020/06/17、8巻。ミサオサイドもイチサイドも、すごく想ってるのにいつも信用できない関係で不安定で、切なくてキュンキュンくる。 ミサオサイドとイチさんサイドで、その時互いにどう思ってたかを描きながら話が進む。互いに言えない思いですれ違い切ない。 ミサオは上司のイチを好きになる。イチも気になってたけど女を信用出来ずにいた。恋愛に興味がなく取引先の娘田所と結婚見据えた交際をしたが、ミサオが告ってきてイチも惹かれる。ミサオと付き合うために田所と別れようとするが自殺未遂し何も言えなくなる。ミサオは苦しみながらも体だけのセカンドでいる。1年続く。他社から引き抜きで、イチへの想いを断つためにも転職する。イチと離れ4年経つ。ミサオが元の会社に戻り、イチと再会。また体の関係に戻り、互いにフリーだが、イチがミサオに拒絶されるのビビる被害妄想(?)で冷たい態度とり今まで通り空回り。8巻ではやっと勇気出して素直になり好きと告げる(でも直前まで意地張ってたのに急過ぎて変な感じしたけど)。中盤で同棲約束もして両想いホワホワ〜な雰囲気。しかし突然イチの父親から電話がきて、ミサオは卑下され別れるよう求められる。(でも確かに父親からすると、今までいい子で、取引先の好都合な女と婚約までしてた息子が、ミサオと会ったせいで急に家にも帰らなくなるし、婚約者に自殺未遂までさせて、面目丸潰れ立場無しになったらミサオ恨むだろうな)ミサオは別れようと思いつつも悲しむ。てとこで終了。by lrvgfpcjwbxjlq (642)

    BLUE GIANT EXPLORER

    3.85

    1815

    42

    発刊:2020.10.30

    既刊1巻

    作品情報ページ

    ついにきた!ヨーロッパを経て、とうとう本場アメリカ🇺🇸Explorer編。西海岸シアトルに降り立ったDai。彼の想いに呼応してか、思いもかけない繋がりから自然とジャンルを越えた音楽の縁が繋がっていき、その熱い演奏が人々に新たな刺激と気持ちを沸き起こらせていく。新章も要注目です!on 2020.10.31 by シン (1081)

12345