ちょう 」の検索結果

1415

並び替え:

    3巻無料

    椿町ロンリープラネット

    3.85

    8051

    152

    発刊:2015.08.25

    完結・全14巻

    190620、13まで。暁が実家に戻って義母との和解を解いているところで終了。恋愛興味ない感じの暁がふみにデレるところがキュンとくる。 2020/05/24、全巻。よい。特に悪いとこなし。暁先生かっこよ!案外トラブルなくサラッと順調で好き。 時代劇小説家暁と婆さん系女子高生ふみ。ふみ、母親が小さい頃病死以降、父親と二人三脚仲良し。父親がある日借金作り、父親は出稼ぎに、ふみは暁家で住み込み家政婦で働く。始めは優しくないと思ってたけど実は優しかったり天然ジゴロで惚れてく。暁の中でも大切な存在ではあったが告られたことを機に両想い。付き合う。書店員女ライバル桂さん登場。まぁすぐに撤退する。14巻番外編で桂はひるなかの諭吉さんと結婚する。担当編集女ライバルも出てくるがすぐ撤退。男ライバルはイケメン先輩がいて、暁はやきもち妬いたりするけど、先輩はただの友達。番外編で先輩と片想い相手のみどり先生との話あり。最後は暁の義母と対面。以前は不仲だったがふみの仲立ちで修復。その後暁からプロポーズ。数年後結婚式。番外編でふみの女友達と男友達が結婚する。by nfqjc (627)

    日常系の一つの完成形。 よくある日常系では、○○部の内部の閉じた空間がメインで描かれるが、この作品は違う。ジジババ世代から孫世代までの幅広い層にわたる登場人物に、彼らはそれぞれ異なる人間関係を持っており重層的な世界観を形作っているのである。そのため、「閉じた空間」を描いた作品では、どうしても現実感が欠けてしまいがちになるのに対し、この作品は、今となっては過去の存在になりつつある「人情あふれる下町」を舞台にしているにもかかわらず妙なリアリティがある。登場人物がみな現実の世界の住人であるかのように感じられるのである。 良い日常系作品の条件というのは、人と繋がりあう素晴らしさと、大切な人と過ごす日常の貴重さを伝えてくれることであると私は考えているが、それ町はリアリティがあるだけでなく、この条件も十分すぎるほど満たしている作品である。これはもう文句の付けようがないと言ってもいい。自信を持っておすすめできる作品である。by くるふら (7)

    大3、試し読み。まぁまぁ。 2020/05/13、6巻。よい。町田くんの性格ツボってくる。心ニコニコになってくる。 人が大好きで愛情持って行動して、皆から愛される人望。優しい。話毎回そんな繋がって無いのに、町田くんが良い人すぎてどんどん見たくなる。6巻は猪原さんの器用な手先がいいなぁって思ってちょくちょく目につくようになる。最後は、猪原さんにハグされて初めて「ドキッ」としちゃう。恋心を意識し始めそう。で終了。 2020/06/27、7巻。7も町田くんと出会った人の良い話がありつつ、町田くんは猪原さんへの恋心を自覚。初めてのことで最初は戸惑ったけど友達が相談に乗ってくれてしっかり確信。クリスマスに2人でデートで町田くんが告白して両想い。付き合って家族にも紹介して皆んな仲良しで、最後町田くんが無自覚だけどサラッと遠回しなプロポーズしてキャ〜って感じで終了。 優しい考え方っていいね。by nfqjc (627)

    日々蝶々

    3.59

    3141

    65

    発刊:2012.07.25

    完結・全12巻

    作品情報ページ

    学園純愛もの。 カップルのセリフが少ないのが特徴的かな。 今まで読んだ少女漫画で一番「…」が多いかも。 絵が綺麗で、かわいい。 すいれんちゃんにも川澄くんにも癒される。by たま (228)

    「信長」って聞くと、歴史物に拒否反応が出てしまう人もいるかもやけど(私も)、これは1巻読んだ時点から絶対面白いって思った。途中までしか読めてないので完結したら読み切ってもう一度感想書きます。by (34)

    長閑の庭

    3.53

    2073

    21

    発刊:2014.10.10

    完結・全7巻

    描写は女性マンガですが、ストーリーは「どのジャンルにも属さない、読者が登場人物になれるマンガ」だと思います。 月30冊近く、いろんなジャンルのマンガを読んでいますが、5年間作品をずっとリアルタイムに追いかけられたのは、これが初めてです。 『校内恋愛』・『年の差恋愛』はよくあるテーマですが、「人がどう恋に落ちて、その後どう動くのか」という、人それぞれの『恋の定義』をテーマとし、そして「世の中が求める『普通』に対して、人はどう向き合っていくのか」を、とても美しく繊細な描写と言葉で表されています。 主人公がごく普通な上に、マンガでよくある「人間としてあり得ないスピード」で成長する事もなく、他の登場人物もよく見たら街中にいるような人々。 素敵過ぎる老紳士や美魔女かと思いきや、逆らえない老いと社会的立場にもがき、イケてる若者たちでも裏では努力と葛藤をしていたり。 読者も読んでいるうちに、気が付いたら登場人物たちに寄り添って、一緒に一喜一憂している気持ちになれます。 ストーリーの流れは、目に見えて激しく動くものではありませんが、ストーリーに浸ったとたんに、ちょっとしたジェットコースターに乗った気分! 静かに始まり、上下に動くコースに叫び、静かに終わる頃にまたこの「ジェットコースター」に乗りたいと思う、そんな男女問わず読める作品だと思います。by なつん (1)

12345