読んだ・読みたい漫画を探す

検索

24

昭和59年6月25日第6刷改訂版第一刷発行

親元をはなれて、あこがれの一人暮らしをはじめた淳子(じゅんこ)……のはずが、なんで? どうして? 女ったらしのイケメンといきなり二人暮らしするハメに?! ひやひやドキドキ、前代未聞のパートタイム同棲がはじまった! 森尾理奈が描く問答無用のお元気コメディー!! 読み切り「ここだけのくしゃみですが」「天国のKISS」の2編も同時収録。

ところはとある工業高校。ワガママな柏木にメロメロの阿久沢が日頃のウラミを晴らすために情けない仕返しを考えた…!?表題の人気シリーズ他読み切り5編を収録した不器用で真っ直ぐなフツーの男の子の恋愛作品集。

『命運探偵 神田川』の書影

命運探偵 神田川

3.17

523

発刊: 2018.8.6 ~

完結・全3巻

推理の神に愛されすぎた凄まじい強運によって、関わった事件は勝手に解決へと導かれていくという不思議な“命運”を持った名探偵・神田川光典。推理オタクで探偵への愛情は人一倍なのに、彼が推理を披露する暇もなく、事件はトントン拍子に解決! 新感覚ミステリック・コメディ!!

『ワカダンナ』の書影

ワカダンナ

3.17

521

発刊: 2018.7.1 ~

完結・全1巻

ヒット大江戸&猫マンガ『差配さん』を手がけた ハートフルドラマの名手が贈る珠玉の短編集! ! 「猫好きすぎ若旦那」「手習い女子」 「大人の悲恋」「こじらせ系カップル」などなど… 江戸の市井には「人」の数だけ悲喜こもごものドラマがございました。 遠い昔の日常にも、たしかにあった喜怒哀楽。 そこに生きた人々の物語を活写する短編集でございます! ★珠玉の6編を収録! 【ワカダンナ】【萩の宿】【蛙-かはづ-】【雪】【侠-きゃん-】【ふきちゃん】

人が人を殺す深い快楽…すべては脳の中に。 警視庁捜査一課の管理官・鐘巻は、 連続殺人犯“写真家”を殺害した容疑で、 脳科学者・神宮を逮捕する。 神宮は「自分は何人もの殺人者“達”を創り出した」と 告白。そのリストと引き替えに、神宮の息子で 死刑囚・神宮正義の再捜査を要求する。 正義はかつて国家転覆を図ったカルト教団の教祖。 さらに神宮は、息子を逮捕した伝説の名刑事・油小路を 捜査に加えるよう迫る――― ここに、猟奇殺人を追う捜査室が誕生した!!

『社外秘!神田さん』の書影

社外秘!神田さん

193

発刊: 2013.4.2 ~

完結・全5巻

大人気4コマ作品『おねがい朝倉さん』で大活躍のキャラクター・神田さんがなんとこちらでは主人公に!! 事務のかたわら営業もバッチリこなし、時に猫かぶりだけど自分にいつも正直なスーパーOL・神田さんが巻き起こす、ハチャメチャ4コマ

『職人男子 神田くん』の書影

職人男子 神田くん

187

発刊: 2017.0.5 ~

完結・全2巻

転校初日、御茶ノ水花子は神レベルの女子力を持つかんざし職人のクラスメイト、神田才一郎に出会う。 神田くんの神対応に恋に落ち、告白したつもりが弟子になってしまった!? 和傘職人、袢纏職人、和菓子職人など職人男子もりだくさんの日常コメディ!!

『デカダン!』の書影

デカダン!

160

発刊: 2015.6.4 ~

完結・全2巻

クラスは俺たち以外全員女子!! 彼らが入学したデザイン科は、男女比率5:35の超女子優位クラス。女子に圧倒されながらも妙な結束力を育んでいくデザイン科男子たちのギャグライフ開幕!!

『よろしく神田さん』の書影

よろしく神田さん

156

発刊: 2005.10.3 ~

既刊1巻

人気作「おねがい朝倉さん」の裏バージョン!! 女王・神田ちゃんを中心に、執事・朝倉、参謀・栗原、無謀な戦士・東、みんなの玩具・西薙がヒートアップする作戦(営業)会議は今日も大荒れ間違い無し!

『神田さんと上野さん』の書影

神田さんと上野さん

93

発刊: 2011.3.2 ~

既刊1巻

ミステリアスな古書店主・神田×大手建設会社勤務・上野のオトナ系をメインに、サラリーマン・大崎×田町+二人のジャマをする天王洲も収録!! 大好評の山手線・駅名擬人化キャラで萌えるシリーズに期待のニューカマー登場! 楠原彰・初コミックス!! ※鉄分は含まれません

星鳴(ほしなり)学園――そこは、未知の災害『星の塔(フラグメントタワー)』を排除できる特別な力を持つ者『セプター』を育てる教育機関。そんな学園で、一流のセプターを目指し、十人十色の生徒たちが日々奮闘する成長の物語!! ジークレストのスマートフォンゲーム原作のスピンオフコミカライズ、ここに開幕!!

H・P・ラヴクラフト(1890~1937年)の生前には発表されなかった本作は、夢にまつわる一連のラヴクラフト作品のなかでも最も長く、おそらくは最もよくできた作品と言えるだろう。1926年から1927年にかけて書かれたこの作品は、ラヴクラフトの多くの小説のような徹底した書き直しを経ていないため、夢のゆるりとした流動的な性質を保つ描写となっている。この作品は、ラヴクラフトのいちばん多作な時期に生まれた作品のなかでも、『チャールズ・デクスター・ウォードの怪事件』とともに最も重要なもののひとつと見なされている。ラヴクラフトは、この小説を通じて恐怖と空想の要素を結合させ、夢を織りなす想像や論理の意外な飛躍に彩られた壮大な物語を創り上げた。本書では、ほかのラヴクラフト作品のさまざまなテーマやキャラクターも登場する??厳密にはラヴクラフトの“神話”の部分ではなくても、彼の広大な空想世界に結びついた要素も含まれている。〈編集部より〉「ラヴクラフト傑作選1~4」は、どの巻から読み始めてもOKな、各々独立した(しかし世界観はすべて通底している)作品です。1)『まだ見ぬカダスを夢に探して』は不思議な着想と展開に満ちたファンタジックな冒険譚。忍び寄る混沌とはなにか?2)『チャールズ・デクスター・ウォードの怪事件』は、気味悪くも、好奇心をそそる展開で、どんどん先を読みたくなるホラーミステリー。ラヴクラフト入門者に一番オススメ! 3)『狂気の山脈で』は南極探検隊が南極で目撃する、人類が知ってはならない世界の秘密と恐怖をめぐる物語。こちらもラヴクラフト入門者にオススメ!4)『時からの影』は、興味深い物語を通じて、クゥトルフ神話体系について深く知れる、クゥトルフTRPGファンにもお薦めの1作

12
Loading ...