ポンコツな魔族のシャミ子こと吉田優子と、物理系魔法少女千代田桃を中心とした、町内日常ファンタジー作品。敵対関係だったはずの魔族と魔法少女が時を経て共闘、協力関係になっていくところがコミカルかつ詳しく描かれていて読み応えありました。情報量の多さ、そして巻が進むに連れて当初何気なく描かれていた物事の回収だったりと、1回だけでなく何度も読み返したくなるような、そんな気持ちになりました。この作品が最終的にどう発展していくのか、楽しみです。

レビューへのコメント