名作

町や商店街を舞台に繰り広げられる、少し不思議な日常漫画。 小ネタや伏線がふんだんに散りばめられているので、 一気に読むことも、じっくり読むこともオススメできます。 最終巻のエピローグは、それ町を毎巻楽しみに読み続けてた僕にとって、 涙なしでは読めない数ページでした。 日常的に読み返したくなる。そんな漫画。

レビューへのコメント