三国志で「悪党にされがちな」曹操の視点から描かれた三国志。 名言・名シーンがとにかく多く読み続けても止まらないテンポの良さが素晴らしい、 しかしながら連載中に原作担当の方が亡くなられてしまい若干失速。 最終盤も「打ち切りなのか?」と疑わしくなってしまう物語の締め方にガッカリしてしまう。 でも読む価値はアリ。 三つの天を奪い合った漢たちの生き様を刮目して見るべし。

レビューへのコメント