バチバチBURSTまで読むと鯉太郎が父親を超える物語だと思っていたのだけど、この最終章に入ってからは残酷な現実が待っていて、死に向かいながら鯉太郎が神々しくなっていく様が美しいけれど、やはり辛い。 最新刊では王虎との最後の戦いが決着したのだけれど、彼が鮫島!と呼びかけた辺りから物凄いことが始まって、一点の無駄もなく全てが終わっていったのは、読者としても物凄い体験ができたのだと思う。

レビューへのコメント