画力は言わずもがな、途中江戸城地下実験編の中弛みがありながらもラストは物悲しく、特に万次さんの終盤の台詞には30巻分以上の感慨があったようにおもいます。 中学生から必死に追いかけた作品ゆえか、今でも頻繁に読み返します。 主人公側よりも逸刀流に魅力を感じていたからか、余計にラストに憂いを抱いたのかもしれません。

レビューへのコメント