作家さんがお世話になった先生の話です。この手のモノを読むのは苦手なんですが、この作品は違いました。 テンポも良く、とにかく先生と主人公のキャラが良く、気づけば全巻読んでいました。そしてクライマックスは涙なしでは読めませんでした。マンガで泣かされるなんて…と思う人、これは本当にズルいんです。 丁寧に描きながらドラマチックに描かれた、いわば積み重ねられてきたモノがクライマックスで全て集約するんです。想いや感情がまるで堰きとめられた川が、一気に流れ出すように止まらなくなります。ここまでやられたら、何も思わないというのが難しかったです。 ただ、合わない人には合わない作風だと思います。人を選ぶかと思いますが、一度手にとって読んでみるとよいかもしれません。

レビューへのコメント