天才が才能のバチバチ散らしながら、栄光の階段を駆け上がる作品。疾走感・躍動感・臨場感の三拍子は揃ってます。

レビューへのコメント