トーン芸。1コマの中でボケとツッコミがあることは全然珍しいものではないが、これを読んで『いぬまるだしっ』の苦手なところがフォントであることを再認識した。 登場するキャラクターは恋愛や性を語るが、リアリティがないのは絵柄によって去勢されているからなのか。再考。 メモ:複数の時間の集約、ライティング、大きな物語の死

レビューへのコメント