分譲マンションに住む幼馴染たちの成長とドロドロの人間関係を描いた偏愛ストーリー。 全員が一方通行の想いを持っているがゆえに、偏ってしまった愛に長い間囚われ続けていた子どもたちが、ぶつかって乗り越えて、鈍色の箱(分譲マンション)の呪いから解放されていく。不器用で幼い高校生なりに答えを出して懸命なところは良かった。 とにかくゲスなやつしか出てこなかったけど、漫画だから許せる。

レビューへのコメント