ステレオタイプなキャラクター描写と、やけに物語チックなシナリオが無ければ自伝として読めたが、あくまでも事実を元に作られたフィクション作品としか読めなかったのが少し残念。

レビューへのコメント