名作

アニメの放送も間近に迫って来ましたが、アニメはどこまでを描いてくれるのでしょうかね? 恐らくブリテン編までを一区切りとするのではないかと想像していますが、トルフィンはもちろんのことアシェラッドのことがメチャクチャ大好きなので、彼の生き様、死に様をアニメがどう描いてくれるのか、本当に楽しみに視聴したいと思っています。 戦場のエンターテイナートルケルには画面狭しと縦横無尽の活躍を期待したいところだし、トルフィンは主人公らしく思う存分苦悩、葛藤、咆哮して欲しいですw 本誌の方ではグズリーズの告白に心が震えるほど感動を覚えました。 『プラネテス』のハチマキとタナベを思い出し、人は一人では生きていけない、『プラネテス』のテーマでもあったこのことが、今再び思い出されました。 漫画本編でも、アニメでも、「本当の戦士」とは何か、「本当の強さ」とは何か、トルフィンの追い求める「ヴィンランド」について、最後まで一緒に旅を見届けさせて頂きます。 幸村先生のサガ(業)をトコトンまで描き切って下さい! 応援しています!

レビューへのコメント