トーチさんの作品の書影

トーチ

作品数:26

トーチの作品

一覧
『自転車屋さんの高橋くん』の書影

自転車屋さんの高橋くん

3.77

2182

発刊: 2019.10.5 ~

既刊3巻

ピュアで不器用なふたりに胸キュン !!!『1122』渡辺ペコ推薦!!! “ヤンキー風味青年のよさをいまになって知るとは… 松虫さんありがとうございます!!(敬礼)“ 飯野朋子(はんのともこ)、略してパン子30歳。 上司からのビミョ〜なセクハラや 同僚からの誘いを断れないのが悩み。 近所の自転車屋で働く高橋くんはいつも距離が近いし、 ちょっと強引なところもあるけど…不思議と嫌じゃない。 それどころか、普段は言えない本当の気持ちも 彼にならぜんぶ話せるーー。 世話焼き年下ヤンキー×ちょいネガティブなアラサー女子のご近所ラブストーリー!

『児玉まりあ文学集成』の書影

児玉まりあ文学集成

3.69

2112

発刊: 2019.3.5 ~

既刊2巻

児玉さんはまるで 詩のように 改行の多い 話し方をするーー 文学部部長にして唯一の部員である、完全無欠の文学少女・児玉まりあと、 有望なる部員候補・笛田くん。特殊で濃密な二人きりの文学部活動。 比喩・記号・語彙……文学の構成要素をテーマに、 孤高の才能が描く静寂と浮遊感、とびきりのポップ。 詩情あふれる台詞と画面、ミステリのように反転する物語。 近いようで遠い文学と漫画が、かつてないほど接近した奇跡の怪作!

『盆の国』の書影

盆の国

3.48

1246

発刊: 2016.6.1 ~

完結・全1巻

お盆を繰り返す町で巻き起こるエンドレスサマーストーリー! お祭り、夕立、花火、恋…いろんな夏が詰まってる。お盆に帰ってくるご先祖さまの姿が見える女の子・秋。会えないはずの人たちに、もう一度会える楽しい季節。このままずっとお盆だったらいいのに…ふと頭に浮かんだ妄想は、なぜか現実になってしまう。同じ一日を繰り返す町の中で出会った謎の青年・夏夫と、誰も知らない不思議な冒険がはじまる

『大きい犬』の書影

大きい犬

3.74

1195

発刊: 2017.7.4 ~

既刊1巻

犬好きの高田くんが、ひょんなことから出会ったとてつもなく大きい犬。その犬はずっと昔からそこにいて、飼い主がいなくて、名前もなくて、少し退屈そうだった…… 発表から3年以上経つ今も話題となり続けているデビュー作「大きい犬」を表題に、その後日譚となる描き下ろし「小さい犬」ほか7編を収録した作品集。実力派新人・スケラッコの楽しい線が紡ぐ、穏やかに不思議でやさしい世界。

『宙に参る』の書影

宙に参る

3.53

1193

発刊: 2020.1.4 ~

既刊1巻

宇宙船が今で言うセスナ機ぐらい身近になった世界のお話。 機械やプログラミングに妙に長けている主婦・鵯(ひよどり)ソラは、 病気で亡くなった夫の遺骨を義母に届けるため宇宙へと旅立った。 道中のお供は人工知能を搭載したロボットである息子の宙二郎(ちゅうじろう)。 長期渡航を目的として作られた巨大宇宙船、経由する様々なコロニー、 いつか訪れそうな宇宙時代への期待が膨らむ、近未来サイエンス・フィクション。 次にくるマンガ大賞[webマンガ部門]ノミネート作品。 SFの最前線を追うアンソロジーへ、本作第3話「永世中立棋星」収録。

『サザンと彗星の少女』の書影

サザンと彗星の少女

3.45

951

発刊: 2018.3.3 ~

完結・全2巻

地球の青年は赤い髪の少女に導かれ遥かなる宇宙へ…… 300年後の世界。破滅を呼ぶ生命体。巨大船の謎。 夢と浪漫の王道SF!! 他惑星へ出稼ぎに出ている地球の青年サザンは、 ある夜、赤い髪の少女・ミーナと出会う。 彼女は体内に強大な力を秘めており、 そのエネルギーを狙って腕自慢の盗賊たちが次々と襲ってくるという。 再会を約束した日、何も言わずに姿を消したミーナ。 彼女を追う中で「破滅を呼ぶ生命体」の存在を知ったサザンはー オールカラー&フルアナログ作画! 80'sの世界観で描く驚異の新人の圧倒的デビュー作!!

太宰治、芥川龍之介、夏目漱石、森鴎外、カフカ、トルストイ……あの名作を今更「読んでない」とは言えないあなたも大丈夫。今からでも余裕で間に合う、史上もっとも肩の凝らない文学入門! ……名作の主人公の9割はろくでなしだった!! 【収録作品】太宰治「人間失格」 中島敦「山月記」 梶井基次郎「檸檬」 森鴎外「舞姫」 坂口安吾「桜の森の満開の下」 フランツ・カフカ「変身」 宮沢賢治「注文の多い料理店」 永井荷風「墨東綺譚」 泉鏡花「高野聖」 夏目漱石「三四郎」 アンデルセン「雪の女王」 芥川龍之介「羅生門」 田山花袋「蒲団」 幸田露伴「五重塔」 新美南吉「ごん狐」 樋口一葉「たけくらべ」 魯迅「阿Q正伝」 伊藤左千夫「野菊の墓」 トルストイ「イワンのばか」 エドガー・アラン・ポー「モルグ街の殺人」 菊池寛「恩讐の彼方に」 二葉亭四迷「浮雲」 グリム兄弟「ラプンツェル」 夢野久作「ドグラ・マグラ」 堀辰雄「風立ちぬ」(単行本描き下ろし)

『平太郎に怖いものはない』の書影

平太郎に怖いものはない

3.35

899

発刊: 2018.2.5 ~

完結・全2巻

平太郎は16歳。高校へは行かずに、お好み焼き店を営んでいる。夏のある日から、平太郎の身の周りで様々な怪異が起こりはじめた。なにかの祟りのようだが、はっきりとはわからない。そういえばこの間、触れてはいけないものに触れてしまった気がする。周りの人は心配するけど、本人はどこ吹く風である。平太郎に怖いものはない。でも、本当にそうなのだろうか…… 現在の広島県三次市に実在した若き藩士・稲生平太郎が、実際の出来事として語り継いだ妖怪実見譚『三次実録物語』を基に描く、多種多様な妖怪たちと、恐怖に強い耐性を持つ主人公・平太郎の物語。

『牛乳配達DIARY』の書影

牛乳配達DIARY

3.54

854

発刊: 2020.3.1 ~

既刊1巻

【第1回 トーチ漫画賞】大賞作品。 平成30年の愛知県、26歳の牛乳配達員。 戻りたくないけど懐かしい日々の記録。 自分とは全く違う生活をマンガで追体験してみませんか<? br> 「漫画みたいなことがあって面白かったので漫画にしました」 というツイートから始まった牛乳配達員のエッセイ調マンガ作品。 200ページを超える作品が【第1回 トーチ漫画賞】に投稿されて、 見事に大賞作品に輝いた本作が満を持して出版。 とある配達員の仕事内容、できごと、心情、同僚たちとのエピソード… それらが作者の可笑しくも優しい「まなざし」で見事に切り取られ、 牛乳配達の仕事をしている作者の経験が真に迫ります。

全て表示(26)
Loading ...