発行数が 21〜30巻 のマンガ

並び替え:

王道のバトルものだが、テーマが哲学的・シリアスで、引き込まれる。 物語の終わり方が素敵。 アルの体を取り戻したらエドの身長が伸びたことに何故か涙。 ウィンリィへのプロポーズのセリフも最高。 ホークアイとハヤテ号の無事を祈りながら読みました。by たま (117)

ジャンプ漫画を読むきっかけになった作品。剣心が優しくて強くてかっこいい。アニメの主題歌、演出も好きです。剣心の過去編も重くて良かった。by なな (75)

高校の頃ハマった。さわこちゃんが言った『人を呪わば穴二つ』ということわざが、大学入試の問題で出て、この漫画を読んでたおかげで解けたという思い出の漫画。映画化されたのも嬉しかったけど、映画後の連載は追ってない。by pin (44)

言わずとしれた恐らく音楽マンガナンバーワンの知名度と売上を誇る作品。 マンガはもちろん、アニメの出来も半端なく、特にサントラが非常にこだわって作られており、途中 学園祭での千秋とシュトレーゼマンの演奏シーンは何度見ても鳥肌が立つぐらい素敵です。このゆったりとした妖艶なラフマニノフがとても好きになりました。 この原作はそれを補って余りある魅力に溢れてますね。by Shin (486)

この人の漫画は風呂敷を広げるのが目的化してる気がする。そりゃ話が広がる瞬間は面白いしワクワクしたが結局それには何の意味もテーマもないので空中分解してしまう。モンスターにもそれは如実に感じた。しかしたくさんの登場人物を絡ませて三谷的群像劇を作るのがとてもうまいと思う。by なかがわ (94)

プラネテスの幸村先生作品 近未来宇宙をテーマとしたプラネテス連載とは一線を課した、中世ヨーロッパが舞台の作品で、かなり生々しいシーンが数多くあります。 しかし読むと分かりますが、プラネテスとも共通する幸村先生のメッセージや哲学が多く見受けられます。by Shin (486)

ジョジョ展の詳細発表でテンションが上がって一番好きな7部を再読開始。ジャイロの格好良さで序盤を読んでいたら、いつの間にかジョニィのキャラクターもどんどん立ってきて、2人ともの過去が判明する頃には彼らの旅路がどうなっていくのか、「ゴール」まで目が離せなくなっている。by 自由 (3)

キャラ1人ひとりがとても個性的で魅力的。 レイ、ジュウザ、サウザーあたりの北斗兄弟以外のキャラも素敵。 「このキャラがもしも◯◯だったら…」と想像を膨らます事もできる面白いだけでなく深みのある作品だと思う。by Kazuki Kikuchi (13)

後半になるに連れて話が単調になってきた。 強そうな敵が出る ↓ 実は味方の〇〇にはこんな力が! ↓ それよりも強いのが出る ↓ 以下ループ みたいな進行になってから辛い。 ゴキブリが死んだ味方の能力を奪うから、さらに↑を加速してるby パグ (289)

中学生の頃に母の漫画を借りて読みました。 最初は花沢類一択だったのが(皆そうなのでは…)、まさかの道明寺がどんどん格好良くなっていく展開で、自分がときめいていることに衝撃を受けた記憶が。 少女漫画で指先が痺れるほどキュンキュンしたのは、花男が初めてでした。by ヒマラヤワ (90)

12345