青年マンガ 一覧

並び替え:

「最終兵器彼女」読み終える。なんだろう。この感情は。漫画の演出力が凄すぎて、世界に引き込まれた。人間の本能みたいなものがリアルで、過激で残酷だけど、甘酸っぱい恋の物語。良かったです。by Kentaro Nishimoto (86)

ヨルムンガンド・トライガン・ヘルシングなどハードボイルド・ガンアクション好き必見!まだ名作殿堂入りタグ無かったので付けました。文句ナシの名作です! 休載もハンターハンター以上のレベルですが、連載されてなくてもサンデーGXでプレゼント企画がフルカラーで立ち上がってたりするほど人気があります。久々の単行本発売11巻もなかなか面白くオススメです( •̀ .̫ •́ )✧ また何度見返したか分からないくらい読んでいますが、最新11巻を見るにあたり1巻からまた見返しましたが、この作品の特徴でもある難解なスラング会話なども、以前より理解が進み、更に楽しめるようになりました。by Shin@デザイナー (659)

優里ちゃんや青野くんをはじめとする登場人物の多くが年相応に未熟であり、加えてそれぞれの生い立ちや過去に由来する危うさや不安定さを持ち合わせている本作。 もちろんそれがこの作品の大きな魅力ではあるのですが、同時に得も言われぬ不気味さやもどかしさを感じさせ、読み進めるうちに面白いながらも暗い気持ちになってくることもしばしば。 そんな中で抜群の安定感と信頼性を見せる藤本くんの存在はとても心強く、優里ちゃんに「強くて優しくて誠実で嘘がなくて正しい人」とまで言わしめるのも頷けます。 いち読者から見てもこんなに頼もしく感じるのですから、実際に生命に関わるような恐ろしい体験をしているにも関わらず周囲に頼れる大人がいない優里ちゃんにとって、藤本くんの存在がどれだけ支えになっているかは想像に難くありません。 優里ちゃんと青野くんの恋路が今後どのような展開を迎えるのか想像もつきませんが、個人的には引き続き藤本くんの活躍にも注目していきたいと思います。by さとう (5)

いま追ってる漫画のなかでいちばん好き。 ストーリーに大きな起伏はなく、言ってしまえば本当にシンプルなひとりの女の子の中学生活。 それでも、超作画の中にぎゅっと閉じ込められた「成長中の中学生」の味が、最高。 嬉しい!悲しい、楽しい…!を全力で表現する明日ちゃんと、その一瞬を全力且つビビッドに切り取る博先生の画力にとにかく脱帽です。 (コミスペさんのインタビュー拝読いたしましたが、博先生はアニメーターを目指されていた過去があるとのことで大変納得。ツイッターにもよく動く明日ちゃんを載せられているのはそういうことからなのですね。) この作品には「モブ」なんて1人もいない。明日ちゃんとその友達ひとりひとりに対して髪、まつ毛、筋肉の形や指・関節の向き、布の素材の違いや流れの表現に真摯に向き合う姿は、執念さえ感じました。 こと、博先生が絶対に絶対に「明日小路」という女の子のことが大好きで大好きで大好きで、かわいく描きたくてしょうがないんじゃないかな、みたいな気持ちが、絵の全てから伝わってきます。 こんな描きかたをされてしまえば、わたしは明日ちゃんとそのクラスのみんなを、 好きになる以外を選べない。 赤ちゃんみたいにいろんな初めてに触れて、一瞬の全てをキラキラに生きる明日ちゃんが、とにかく愛おしい。 「この子が素敵な友達に恵まれて、楽しく学校生活を送ってる姿を見られるのがとにかく嬉しい!」とか、 「あぁこの子、この話の中でどんどん成長してるんだなぁ、大人になってしまうんだなぁ、こんなにかわいいからこのままでいてほしいなぁ」とか、 それはまるで、子離れできない母親のような寂しさを感じてしまうくらいに。 そして明日小路は、かわいいだけではない。 妹の花緒が言うように、かっこいいんです。 誰もが大人になる途中でなくしてしまう素直さ、誰にでも分け隔てなく接することができる優しさ、愛にまっすぐである強さ、過疎地域で育ったが故の純粋無垢さ。 特に明日ちゃんの純粋さが友だちの傷をすくいあげる6巻は、涙なしには読めませんでした。 これから「明日小路」はどんな女性になるのだろう。そんなことを読みながら時々考えます。 どうか出来るだけ不要且つ理不尽な不幸は訪れず、暖かい人々にめいっぱい愛され、時に必要な困難や壁は周りの人の助けを借りて乗り越えてほしい。 このまま、絵に描いたような「天真爛漫」を失わない女性になってほしい。 そしてその過程を、これからも私はきっと追い続けずにいられないと思います。 (…この漫画を通して初めて、「母性」という感覚を理解しました。笑) 明日小路、かわいさカッコよさ強さ優しさ全部持った令和最強ヒロイン。 博先生、漫画家になる道を選んで、この子を産んでくれてありがとうございます。 兎にも角にも、大好き。ずっとずっと応援しています。 (余談①「お父さん」の存在がきちんと描かれているのもまたいいです。 こういう女子高の学園モノって、「男性」の存在がないがしろにされがち、女の子たちはまるで妖精さんから生まれたファンタジーの住人^_^みたいにされがちなので、 5巻でお父さんとお母さんの仲睦まじいシーンがきちんと描かれていたのも本当に良かったな。 あの瞬間だけで、「明日小路と明日花緒という女の子は、ふたりが愛しあったゆえに生まれた、きちんとした人間なんだ」と、一気に輪郭がはっきりとした気がした。) (余談②、37話プリクラのイラストは初見時マジで震えた。 博先生の描く明日ちゃんのカラー絵といえば、コントラスト浅めのじゅんわりとした水彩カラーが印象的ですが、プリクラのカラーだけはぱっきり、マットなツヤのある、どちらかといえばデジタル塗りっぽい雰囲気。これ完全に「プリクラの質感」に寄せてるんですよね…?! そしてこの4人のポーズ、「プリクラ」とか「写真」に慣れ親しんでる人、そうでない人のポーズの差の細かさよ…。 とにかくこのたった一枚に凝縮された博先生のこだわりに圧倒されたのを鮮明に覚えています。) (余談③、博先生の描かれる世界観、京都アニメーションの山田尚子監督のそれに近いのもあって大好き。 足の描写に力を入れているところとか、「女の子の世界」の作り込み具合とか…言葉にできないけど、めちゃくちゃ近いものを感じます。 以前博先生のpixivでけいおん!の唯と澪を描かれてるのを見つけたことがあるので、山田監督作お好きなのではないかな、、と勝手に推測中。 明日ちゃんのセーラー服がアニメになる時は、山田尚子監督の手でフィルムになってほしい、京アニは事件もあっていますぐは難しいけど、できるならそれをずっと待っていたい…という欲望を三ヶ月に一度くらいツイートしています。笑)by オズ (2)

読んだ当時と今とでは感想が違うかも? 当時は五代の流され易くて優柔不断な所にイライラしたけど、今なら管理人さんのどっちつかずの態度にイラつくかもしれない。いや面白かったしアニメも全話観ちゃったけど!by おおがらす (332)

韓国の大手WEBコミックサイトでかなり人気があった作品の日本語訳版になります。ストーリーはひょんなことから「人を気持ち良くさせる」特殊能力を得た主人公が、いろいろな女性と関係を持ち、次第にその能力を狙った陰謀に巻き込まれていくというものです。 正直内容は在り来たりで面白いとは言い難いのですが、絵は抜群に上手く、特に女性キャラは魅力的で結構エロいです。しかもフルカラーなので、漫画というよりはエッチな画集と理解した方がいいと思います。完全に男性向けですね。あとは韓国の漫画はそれほど日本で流通していないので、その辺りに興味があれば……という程度ですかね。 翻訳に関しては問題なく読めますが、厳密に言えば少し怪しいところもあります。また登場人物の名称等もむりやり日本名に変更しているので、日本人からするといろいろと違和感がありますね。 最後に作品とは関係ありませんが、フルカラーということもあり、紙質が非常に硬くて読み難いのでできればWEBコミックの方をオススメします。既に日本語訳版が最終話まで単話販売されていますし、正直紙版は最終話まで出版されるのか不明なので。by ギヨタン (22)

地球の命運を背負って命がけで戦わざるを得なくなる子供達の物語。 子供が主人公ってのが、また更に救われなさを倍増させる。 スッキリした絵柄なのにヒリヒリした生々しい感情が伝わってきて重い。もし自分だったらどうするか…考えさせられる。by おおがらす (332)

福本先生の代表作カイジの最初の作品。 最初の限定ジャンケンは傑作。ただ終盤の兵藤戦に関しては兵藤の豪運が天やアカギに比べると、扱いが雑な気がして少し微妙かも。でもやっぱり再び読むと面白いby Shintaro Hirashima (181)

パクリだとか言われているようだが、私は好き。料理も、漫画に出てくる食べ物って素材が特殊な形状をしてないと未知の料理にするの難しそうだよなぁと思う。龍を狩り、敬意を表し、食べる。この漫画における龍の生態がもっと読みたい。by roku666 (41)

極道が主婦という出落ち感満載の作品…と思いきや、とにかくテンポがよく、それでいてギャグが最高に面白いです。しかも画力が凄まじく、主人公の強烈さをうまく表現してます。 欲を言うと、ギャグマンガなので仕方がないのですが、ちょっと飽きちゃうところが難点といえば難点ですかね。 しかし、買って損はなかったです。軽く読んで、軽く笑ってホッコリしたい人にオススメしたいです。by あたぽん (17)

ReLIFE リライフ

3.50

3758

82

発刊:2014.08.12

完結・全15巻

おそらくWebマンガ史上最高の売上と知名度を誇るフルカラーマンガ。comico作品。コンビニでも大々的に販売されたり映画化されたりと大変な人気作品となりました。 私はcomico連載時から有料で全話買っていて、 それでも始めのころはなんだかしっくりこない部分もありましたが、最近 気が滅入ったりしていてアニメ版を見たのですが 原作を読みたくなったので、今日 改めて全話見直しましたが、前よりも感動して泣いてしまいました。゚(゚´ω`゚)゚。 間違いなく名作ですね!☆4.5→5.0by Shin@デザイナー (659)

笑いの要素がかなりふんだんに詰まってる。基本ふざけた内容であるが、たまにあるシリアスな場面では思わぬ名言も出てくる。 ちなみにダイビングサークルを舞台にしてますが、ダイビングの要素はかなり少なく内容の6〜7割は飲み会です。by スーパードライ (10)

伊藤いづも先生の読者を楽しませるテクニックが至るところに散りばめられており、読んだ後の満足感は最高です。 コマの書き込み量が多く、その中に色々なネタが仕込まれているので、読み込める漫画となっています。読み返した時にあれはそういうことだったのか!気づくのがとても楽しいです。 4コマ毎についているタイトルも4コマ読んでからナルホドと2度オチを楽しめるアクセントとなっています。 それぞれのキャラクターがもつ生き様や関係性、まだ明かされていない秘密が今後どう展開していくかとても楽しみです。by やまぶき (3)

ドロヘドロ

4.07

3608

66

発刊:2002.01.01

完結・全23巻

タイトル通り、絵からも感じるへドロなドロりとした感じ。排気ガスの匂いやいろいろ混じって空気悪そうなの伝わってくる描写は見事。この設定と描き方は村田先生の強烈な個性であり誰も代わりが効かないので希少価値高いです。 特にこのご時世、デジタルが普及して漫画の画面が白くなりがちなのに、久々にこんなにガッツリ書き込まれた黒い画を見たなあ。ほっこり。 この強烈さに読む人を選ぶ作品になっているのは悪しからず。by (113)

突然ヤクザの家に転送された超能力少女。天然な彼女に振り回される、世話焼きなヤクザとの共同生活。彼女を取り巻く日常を描いたギャグ漫画。もっと評価されても良いはず。是非読んで下さい。おススメします。by Manga_likes (7)

 山田の天然ぶり、そして周りからは大雑把なタイプだと思われているけど、実は凄く繊細なところが可愛過ぎますっ!!対して、主人公の市川は厨二病でかなりの陰キャなんですが、周りから浮いているからこそ、山田の繊細なところに気が付くイイ奴なんですよね~。最初は苦手な雰囲気でしたが、読み進めるうちにハマっていきました。  陽キャだけど実は本音を隠している山田、陰キャで自己主張自体が苦手な市川、この二人の絶妙な距離感が溜まりません。ふとしたときに市川を見つめる山田の表情や態度にキュンキュンします。連載でも読んでいますが、コミックスも購入しているほど大好きな作品です。by ギヨタン (22)

アニメから入って大人買い。 ゴブリンスレイヤーがハードボイルドでよい。 陵辱描写はホントに必要なのかなとは思うがこのコンテンツの人気を牽引しているのは間違いない。 お気に入りは3巻の牧場防衛回、ゴブリンロードにチェックメイトをかけた神官のプロテクション。by shufflingpixie (72)

ONE OUTS ワンナウツ

3.80

3371

55

発刊:1999.06.01

完結・全20巻

面白かったけど、想像してたのと少し違った。もっと高度な野球理論的な話かと思っていた。この時代に球団・リーグ経営をテーマにしている点は、先見の明かあったと言えるんだろう。ただ画風的にスポーツ漫画として没頭できなかったかな。by zaki (136)

12345