#隠れた名作

並び替え:

『天才柳沢教授の生活』著者 山下和美先生の新境地。人の繊細な心理を見事に描くその鋭い洞察力と表現力はそのままに。人類の歴史を旅する人外の美少年天使が織りなす人間達との物語。 人とは, 人生とは, 生や死とは いったい何なのか? 常に突きつけられて止まない普遍的テーマを深く考えさせられます。重いテーマでもあり読み進めるのに時間を要するかもしれませんが、悩みや疑問・無力感・空虚感などの壁にぶつかった時、一つの道標となってくれるでしょう。 古代〜現代に到る様々な世界の登場人物の生涯と共に描かれたオムニバス作品群で、長らく連載が止まっている未完の隠れた名作です。特に良かったのは 5話(2巻)ソクラテス, 13話(4巻)ベラとカリバリ。by シン (1083)

1/11

3.67

1751

26

発刊:2010.12.03

完結・全9巻

作品情報ページ

まだ1巻だけですが とても良かったです。 絵・レイアウト・ストーリーどれも好きです。 サッカーシーンはありますがメインはそれではありません。一話一話 繋がっていますが、ショートストーリーのような構成も意識されていてライトに読むこともできます。 ただの青春モノとは言えない 複雑でありながら純粋な魂の込もった作品です。 人によっては青臭いと思うかもしれませんが 何かを好きになることの大事さをよく考えさせられます。 電車で読んでて不意に泣きそうになりました。by シン (1083)

水がモチーフになってる作品だ。 夢の中の水だったり、銭湯だったり、出先の川だったり。 丁寧な味噌の溶き方とかイカの煮物、縁台将棋…ノスタルジックな生活感あふれる日々の暮らしがありつつ、 夫の失踪をはじめ下着泥棒に誘拐事件と、全体に通底する不協和音。 淀みないようで、深く沈む息苦しさが、水の描写をもって迫ってくる。 「人をわかるってどういうことですか?」by ささ (61)

これを読んでから、ライトノベルへの偏見がなくなった。(結局原作も読んだ。アニメもみた。) 言葉巧みな掛け合いや、経済学の要素もあって、一発で理解できないコマも正直あった(私だけ?)。 でも、その分楽しく考えて笑って納得して読むことになるので、読了時の充実感や満足感が病み付きになるほど気持ちいい(感情ベースのラブコメが物足りなくなる)by Momo (194)

長いマンガ人生で、圧倒的な読み返し数ナンバー1を誇る癒やし系四コママンガ。本編とおまけがありますが、私はこちらのおまけの方が好きで、今でも何度もよく読みます。 最近はホリミヤという別作者さんによるリメイク版も出て、かなり知名度上がってきたと思いますが、一応 #隠れた名作 タグを付けておきました。by シン (1083)

惑星をつぐ者

3.51

1225

6

発刊:----.--.--

完結・全1巻

作品情報ページ

見た瞬間 懐かしさで驚きました! この作品おもしろくて何度も何度も読んでいた記憶があります!あぁ また久々に見たいですね! < 追記 > Amazonで電子書籍になっていました。 そして50%ポイント付き!評価も☆4.5と高評価! コメント見ても皆さん同じような共感できる感想をお持ちですね。 作者の戸田尚伸さんはどうされているのか。また新しい作品が見たいです。 久々に手に入れて読みました! 昔と変わらず やはり面白かったです! 以前読んだのは恐らく15〜20年以上前。 やはり名作ですね(^ ^)♪by シン (1083)

最近 電子書籍で復活していたので非常に嬉しかったです! 即買いました(^ ^) ------------ もはや絶版になってしまい、古本屋にも少なくなってしまった青春物の知られざる名作。どこか懐かしいがシックでキレのある絵柄とキャラクターがとてもカッコイイ。またところどころの愛嬌のある絵も好きで、ストーリーも短い短編ですがハマりました。 まさかこのレビューアプリで表示されるとは思ってなかったので驚きました。by シン (1083)

バシズム

3.44

657

7

発刊:2001.04.04

既刊1巻

作品情報ページ

初めて観たのは20年以上前だと思いますが、今でも色褪せない魂に強く訴えかける作品で大好きです。元気を出したい時とかに読み返しています。総じて日本橋ヨヲコ先生の作品は全て面白いです!by シン (1083)

超渋い浅田次郎小説原作の任侠マンガ。 小説に比べ、圧倒的に知名度が低いと思われますが、その画力とストーリーは名作と言っても過言ではありません。 小説のイメージをかなり再現しており、 漢なら読んでおくべきマンガの一つです。 主人公の安吉一家や清水の小政など、全てがカッコよく、そして名言だらけです。 ただ流通がかなり少なく、入手しづらいのが残念で仕方ありません。by シン (1083)

COCORO

3.14

330

1

発刊:2003.03.01

既刊2巻

作品情報ページ

あのルネサンス期フィレンツェの天才 レオナルド・ダ・ヴィンチの伝記コミック。その天才肌ぶりをかわぐちかいじ先生は見事に表現されていて何度も読んでいました。主に幼少期から青年期にかけて描かれており、師匠のヴェロッキオ・メディチ家・有名美人画家のボッティチェッリ・そしてあのミケランジェロも登場します。ここでは何故か2巻のみしか表示されてませんが、初版時のデザインである講談社モーニングコミックス全4巻が今もKindleで発売されています。by シン (1083)

1