#能力

並び替え:

この無印に限って言えばトップクラス。7巻(白カネキ)から本番と言われがちな作品だがそれまでもかなり面白い。あんていく編は毎週滅茶楽しみに読んでいた。熱いバトルにしんみりさせる話も。by パンよりうどん (245)

不死身になっちゃった主人公のドタバタ亜人デモクラシー☆です。 いやあ現実臭くて人間臭え。汗臭さまで感じてしまうほどのディテールの描き具合に脱帽。戦闘シーンとか妙な生々しさがありますわ。AKIRAとはまた違う感じ。世界観はそこまで広くない。広く感じない。 亜人(不死身)という非現実的設定なのにちゃんと地に足がついた現実的な内容になってる事が凄い。戦術やキャラクターの葛藤がリアルたるがためか。確かにこれなら実写しやすい。by サックサク (104)

叔父に強制的に読まされて、気づいたら読破していて、買っていた。 絵がどうしても受け付けないとか言ってた昔の自分を削りとりたい...! 独特な能力と個性的なキャラが織りなすハーモニー(適当)by ゆーすきん (38)

ジャンプラで連載が始まった時は衝撃的だった。物語が壊れていく面白さを確信犯的にやっていて、露骨に沙村広明フォロワーで、いわゆるアフタヌーン読者の目に入りづらいジャンプで連載してることも驚きだった。by Yasuhide Sugimoto (12)

後半になるに連れて話が単調になってきた。 強そうな敵が出る ↓ 実は味方の〇〇にはこんな力が! ↓ それよりも強いのが出る ↓ 以下ループ みたいな進行になってから辛い。 ゴキブリが死んだ味方の能力を奪うから、さらに↑を加速してるby パグ (312)

前作『リーダー伝たけし』とは一線を課す作品。 ギャグな面もイイ意味で少々受け継いでおり、ツッコミどころも多少あるファンタジー色の強い一面もあるが、全編に渡り、リアルな栄養学の知識に裏付けされたシーンが数多くあり、SFでありながらも非常に説得力のあるストーリーに仕上がっている。著者は前作からの間に非常に勉強されたことが伺える。 未来の食医やスポーツ科学を連想させる興味深いマンガに仕上がりました。by Shin@デザイナー (607)

原作者ファンのため敬遠してたのだけれど、作者の別作品を読んだのをキッカケに、一気読みしました。 岩西、朝顔、槿、劇団家族、後半の安藤兄弟あたりの雰囲気はしっくりきていいなと思いました。 唯一最後まで慣れなかったのがミツバチ…これは原作の大オチでゆるりと現れる役回りだけに、漫画オリジナルの別の名前をつけて欲しかったなあ。クラゲとか? 全体としては、原作を知ってても知らなくても楽しめるのでおすすめします。by ヒマラヤワ (119)

1