#手元に置きたい漫画・教養

並び替え:

ジャズを熱く、スポ根すら感じさせる描き方。勝ち負けも無い、そもそもの何との勝負かというのも不明瞭の中、描こうとする先生の姿勢を評価したい。 あと、どーでも良いが1巻ではヒロインらしいヒロインは見つからない。2巻以降に期待。 行き着つ先は1巻終わりに暗示しているから、その過程に何が起こるのかワクワクしながら読んでいきたいと思う。全巻読んだ上で、一巻だけ手元に置くか、全巻揃えるか吟味したいと思う。良い漫画。by (113)

細かいことは読んでほしいからこそ書かないが、創作に携わる全ての人に読んでほしいと思える作品だった 私は学生時代にデザインを勉強していて、作者や矢口と同様に美大受験を経験し、今は卒業してデザイン関係の仕事をしながら趣味で絵を描いている 画塾で浪人生の作品を見てその実力差に絶望したり、画材にお金を根こそぎ吸い取られて財布がスッカラカンになったり、あぁ懐かしいな〜なんて思いながら読み進めていた 芸術は理解されにくいし、しにくい 美大に受かるために絵を描くわけじゃない でも受かりやすい手法があるなら縋りたくなってしまう だって正解が存在しないから 何かを感じたから、伝えたいから絵を描く これ以上ないくらい上手く描けた!と思っても、本当に伝えたいメッセージが届かなかったりする(伝わらなくても知るか!自分が描きたいように描くだけだ!みたいな人もいるけど) 絵が全く描けない人からしたら「こんなに描けたら楽しいだろうな」と思うかもしれないが、そんなことはない 絵を描く人にしか分からないだろうけど、ドス黒い沼に首まで浸かってる気分になる 私がもし、レオナルド・ダヴィンチの全知識を手に入れたとしても、この苦悩からは生涯離れられないと思う 手詰まりした時に読み返すと、あぁこうして悩んでいるのは私だけではない、創作に関わる人間は誰しも躓くところなのかもしれない、と勇気をもらえる 店頭で見かけたんだったかな、どこでこの作品と出会ったかは忘れてしまったけれど、インパクトのある表紙で良かった この作品を手に取ることが出来て良かったby ルカ (73)

言わずとしれた恐らく音楽マンガナンバーワンの知名度と売上を誇る作品。 マンガはもちろん、アニメの出来も半端なく、特にサントラが非常にこだわって作られており、途中 学園祭での千秋とシュトレーゼマンの演奏シーンは何度見ても鳥肌が立つぐらい素敵です。このゆったりとした妖艶なラフマニノフがとても好きになりました。 この原作はそれを補って余りある魅力に溢れてますね。by Shin@デザイナー (623)

60年代後半の日本の空気感がしっかり表現されていて流石。臨場感+説得力を持って今と違う時代を描くのは中々出来ない事。 ジャズ音楽を2人が奏でる場面はさながらNHKドラマのよう。褒めてんだよコレ。 by おおがらす (273)

イケメン検非違使、在原業平と、三白眼で無愛想な学生、菅原道真のコンビが平安の京の事件や皆様のお悩みをズバッと解決!していく話。 時代考証は本格的なのに2人の性格や関係は現代的、上手いこと摺り合わせてちゃんとミステリーしてます、スゲ〜! 2人のこの感じは…アニメの一休さんと新右衛門さんだ!by おおがらす (273)

ナレーション等も時代感を出すために仰々しく堅苦しい形へと意図的にしてる点と、内容も事実ベースであり、天皇崇拝の一辺倒で描いていないと予想したため評価している。 変化の中心、台風の目の様にいる天皇を親近感が沸きながらも掴み所なく描く演出は見事。 (天皇崇拝の一辺倒で描いて、その考えからくるナレーションやら表現やらなら、評価は凄く下がる。)by (113)

戦争の影を文化人達の目線から堪能してくだせえ。キャラ達が、一連托生や恋愛に似た『何か』にドロドロ苦しむ様を見て、何かを感じ取ってくだせぇ。BLで片付けないでくだせえ。 文豪や詩人の作品や詩が擬人化したカオスな世界です。忠実です。忠実であるが故に混沌と殺伐としています。 文豪ストレイドッグズに浅さを感じた方、こちらをお読み下さい。 by (113)

1