#感動

並び替え:

不動の名作。 最後わかっててもいつも泣いてしまう。。。 何周しても新しい発見が得られる!! 伏線の回収も鮮やかで読む度にやっぱりすごいなと思わされます。笑 死んでしまったキャラもたくさんいるし、 完全なるハッピーエンドとはいえないのだろうけど そういう死があるからこそのいいエンド。 最後3巻くらいのスピード感大好き!by るー (15)

ナルトが火影を目指す ベスト漫画 キャラクターデザイン、ストーリー、背景、漫画の構成、どれをとっても最高のクオリティ。 00年代ジャンプだとやはりワンピースと並べるくらいの名作だが、どんな方面から見ても推せるキャラクターはいるし、最初はナルト目線だったのが2回目見たときにはサスケ目線になっていて、など複合的な目線で物語を楽しめる。 「継ぐこと」をテーマに描かれてると感じた。人を守ったり信頼したり戦ったりする事の意味だったり師弟関係を交えていたり、かなり熱い。 途中まで読んだけど‥で自分も改めて読み返したが名作なので是非最後まで読んでほしい、最高ですby pun (39)

ジャズを熱く、スポ根すら感じさせる描き方。勝ち負けも無い、そもそもの何との勝負かというのも不明瞭の中、描こうとする先生の姿勢を評価したい。 あと、どーでも良いが1巻ではヒロインらしいヒロインは見つからない。2巻以降に期待。 行き着つ先は1巻終わりに暗示しているから、その過程に何が起こるのかワクワクしながら読んでいきたいと思う。全巻読んだ上で、一巻だけ手元に置くか、全巻揃えるか吟味したいと思う。良い漫画。by (113)

可愛い絵に、クスッと笑えるシーン、ほろりと泣けるシーン、思わず考えさせられるシーンなど非常に濃密な漫画だと思った。川本家の人たちが出てくるシーンは個人的にハズレなし。単行本出るペースがバラバラだから、もっと定まってほしいかなby なかりょー (29)

映画だと少しモヤモヤが残る部分があったが、原作の方は各登場人物の過去や思考がしっかり表現されていて良かった。 ただ原作最後まで読んでも委員長だけはあまり好きになれない。 傍観者も加害者であると自覚した上で過去に向き合って石田くん達と話し合って欲しかった。 登場人物すべてが善人 みたいな綺麗事がないところがリアルで、「こういう人いるよね」と思える生々しさもこの作品の魅力の一つだろう。by たこやき (113)

昔死んでしまった同級生の女の子を守ろうと、大人の判断力と子供の身体で必死に行動する主人公を応援したくなる! 次から次に起こる怒涛の展開に目が離せない!! これはアニメも凄く良かった。by おおがらす (269)

読んでも一切囲碁のルールがわかるようにならないのに何故か恐ろしく面白い漫画。 初手天元だけはわかるようになった。 囲碁なんて渋いジジィどもの娯楽だと思って侮ることなかれ。 ジャンプ漫画からかけ離れたテーマに思えるが、中身は友情努力勝利といったまさにジャンプらしい内容。 自分の囲碁の中に佐為を見つけるのが素敵すぎて何回見ても泣けてしまう。 ここで終わっておけば良かった、日中韓対抗戦は蛇足だと言う人も多いが、普通に私もそう思う。 それでもなお、この作品に対する愛はとどまることを知らない。by sai (4)

私のバイブルである漫画。登場人物達が挫けたり病んでも、それでも夢に向かい進もうとする姿に励まされます。毎巻元気や希望を与えて貰っています。最新刊楽しみー!by ごままご (17)

尾田栄一郎も絶賛、と帯にかいてあり渋々購入したが、漫画で音楽がちゃんと表現されておりアニメも最高だった ちゃんと音を想像できる作りになっている 終盤は感動しまくる by Tra (8)

2019/08/29、8まで。ブルージャイアントの高校卒業して海外に出るってとこの続き。ヨーロッパを回りながらメンバーを見つけバンドを組む。女ベーシスト見つけて、繊細なピアニスト見つけて、合わせがちなドラマー見つける。8の終わりは、でっかいフェスノーシア?に出るために名前が有名にならなきゃでジャズバー回ってライブ三昧。最近ベースとピアノは成長してきた。ドラマーにも成長させようと革命し始める。by l. (251)

バトルの設定・ルールがすごく凝っていてとても面白い。どの魔物も出会い、成長、別れが丁寧に描かれている。感動の中にも笑える部分も描いていたり、笑いと感動のバランスも丁度良い。ラストバトルの展開も王道な感じでいい。by なかりょー (29)

名作。全て読み切るのにその熱量からかなりの読書力を持っていかれる。物語はいくつもの膜に分かれていて、週刊誌連載の性でどうしてもつじつまが気になるところはあるが、単行本を一気に読むとそうした瑣末なところが気にならないほどの勢いがある。by 森脇かみん@サブカルメディカル掲載中 (45)

The・スポ根!という感じの漫画で好みが別れそう。 努力!友情!勝利!を体現したような漫画で、チームメイトとの友情を深める描写がすごい好き。 中→高のノゴローの自己中加減にはびっくりしたさせられたが、傍若無人な性格を一貫して描けていたと思う。 唯一残念なのが、小学校と高校編で「ケガさえしてなければ全員ボコれたぜ!!」という感じが出すぎてたところ。by パグ (313)

「最終兵器彼女」読み終える。なんだろう。この感情は。漫画の演出力が凄すぎて、世界に引き込まれた。人間の本能みたいなものがリアルで、過激で残酷だけど、甘酸っぱい恋の物語。良かったです。by Kentaro Nishimoto (85)

生物と人間を掛け合わせた能力者にゴキブリの擬人化。序盤から色んな戦いや姿が見れてスタートダッシュを決めるように面白いが、話が進むにつれてどんどん内容がゴチャついてくるのが難点。 もっとまとめや補足のようなものが多くても良いのではと感じる。by コースケ (99)

久々に全巻通して読んでとても面白かった。 犬夜叉とかごめと桔梗の三角関係がどろどろしている前半が好き。 しかし戦いが激化してくる後半も楽しみがある。 昔は、奈落の分身や七人隊との激しい戦いや、次々と新たな力を得て強くなっていく鉄砕牙とか、少年漫画的な部分に魅かれてた。でもしばらく経った今改めて読み返すと、犬夜叉とかごめの間に入り込めないかごめの気持ちとか、りんや神楽と関わって変わっていく殺生丸の心とか、人の内面や人間関係などがすごく面白く感じる。 時間を置いてまた読み返したい名作。by クロスケ (35)

設定や世界観がおしゃれで統一感あって好きだった。俺は同時期に流行ってた鋼の錬金術師と青の祓魔師と合わせて三銃師と呼んでいる。こういう架空だけど設定凝ってリアリティ出した職業漫画が一時期流行ったよねby なかがわ (104)

D.Gray-man

3.21

2076

44

発刊:2004.10.04

既刊26巻

作品情報ページ

【ダークファワタジーを遺憾なく発揮してる作品】 ノアの箱舟崩壊までがピーク(12-14巻)。個人的に好きなのは最高潮まで高まる過程(7-9巻あたり)。各キャラクターが奮闘しながらも同じゴールを目指す様はワクワクした。 8巻くらいまでは画面も暗い暗い。週刊連載なのに書き込みがすごい。8巻前後の造形や雰囲気、ストーリーに読み応えあり。ダークファンタジーにピッタリ。 15巻以降は各々の思惑が絡まりみんな見ている方向が様々なため、ノアの箱舟崩壊ほどのワクワクし少年マンガらしさを感じるのは減ってしまった。 また今は、描く方法をデジタルに移行した事も長年描いて絵柄も変化した事も、長期に休んだともあり、初期ほどのダークさは感じない。12-14巻あたりからコマ割りも斬新になり読みづらくなった。 やはり作品に対するモチベーションの維持は大変なんだろうと思う。 ただ好きな作品ではあるから結末は知りたいし、完結したら一気読みすると思う。 読んで後悔はしない是非進めたい作品ではある。 体調に気をつけて描き切ってくれたら幸いです。と願うばかり。by (113)

非力で耳が聞こえない王子が王様を目指していきます。続きが凄い気になるので一気に読めました。Webサイトで8話までなら無料公開されてますので気になった方はチェックした方がいい!個人的には一巻の最後、王様が国を築く話が好きです。by まっくろ くろすけ (220)

浮世絵ライクな作画にぬらりひょんという唯一無二の組み合わせを見れた事に感動した。 戦闘描写も浮世絵のそれっぽく見えてジャンプでこんなの読めるんだなぁとあの時思った。by コースケ (99)

12