#スポーツ

並び替え:

わかってます。もはや語るまでもないと… ベタと言われようと、マンガ10選の1つです。 バスケ漫画のパイオニアとしてジャンプで成功させたということが革命なんですよ。 まず、絵のうまさということは大きなヒット要因ですが、実は80年代の熱血キャラ設定に対し、スラムダンクのキャラたちは、はっきりと一線を画して作られていたことが本当に大きいのです。 80年代に少年だった読者が、大人になっていくにつれ、受け入れられなくなる子供っぽいキャラ設定の他漫画に対し、スラムダンクのキャラはみな大人として描かれることで、読者がそうあってほしい、というカッコよさを持ったキャラとして育っていったのです。 その集大成で最高峰がvs山王工業戦であり、そりゃあれ以上の試合は二度と書けないと、井上先生も発言するよなぁと。by ゲームプロデューサー (15)

競技かるたを知らない人でも熱くなれるスポーツと恋愛がうまく混ざった作品。 かるたを通して変わる登場人物の心理描写がとても綺麗だし、共感できるものが多い。また、登場人物全員に無駄がない。全員に過去や思いがあり、嫌なキャラクターが出てこない。 かるたをしてるシーンは迫力満点で、最後の1枚までどうなるか分からず、ハラハラもさせられる。by れとれとさん (526)

この漫画のスーパープレイは「リングにかけろ」や「テニスの王子様」が好きな人は堪らないと思う。また、黒と火が出会い、青・黄・緑・紫・赤の五色と戦いながら成長し、彼らを倒すという設定の通り、ちゃんの帰結したのも好感。 非リアリティのある意味少年漫画らしい漫画。by (89)

The・スポ根!という感じの漫画で好みが別れそう。 努力!友情!勝利!を体現したような漫画で、チームメイトとの友情を深める描写がすごい好き。 中→高のノゴローの自己中加減にはびっくりしたさせられたが、傍若無人な性格を一貫して描けていたと思う。 唯一残念なのが、小学校と高校編で「ケガさえしてなければ全員ボコれたぜ!!」という感じが出すぎてたところ。by パグ (313)

清春、野宮、高橋の3人の心の変わりようが細かく描かれている。試合の部分も短いとはいえ、スラムダンクの山王戦とちょっと近い書き方をしてる気がする。高橋の今後が気になる。連載ペースをもうちょいあげてほしいby なかりょー (30)

30巻頃までは漫画誌に残る傑作だと思ってた。今の内容は悲しくなるし、積極的に読む気になれない。でも、ついつい新刊を読んでしまいつまらなさにガッカリきてる自分が情けない。読まなきゃ良いのに、別れた女房に未練たらたらみたいな…。by (89)

思春期の熱情がバレエの世界を通して爆ぜる。 年月をかけた厳しい鍛錬の上に成り立つ技術や知識と、コントロールなんてできない個々の感覚、表現力。人に評価をされてこそ成り立つ舞台で、体も心も、人とぶつかって自分を作っていく思春期のキャラクターたちの中で激しく絡まり合っていく様が面白い。by naka (8)

秀才型の主人公がテニスでプロを目指し急成長していく過程を描いた話。スポーツをやっている人間ならば、現実味のある戦略や基礎の地道な反復練習を徹底的に繰り返し強くなる主人公に入れ込めると思う。わけの分からない漫画のような特殊能力がないため物足りなく感じる人もいるかもしれないが、全ての過程に理屈の通る説明が^個人的には読み入ってしまうほどの作品。終わり方が残念でこの点数。ヒロインがかわいい。by Rei (27)

少年誌の王道部活マンガとは違い、登場人物の心の機微が丁寧に描かれつつも、そこだけに軸足が置かれるわけでもなくバランスよく楽しめる。 個人種目故の、仲間であり、ライバル、団体戦のメンバー争いなど、おそらくそこでしか学べないことを学び、成長していく様は本当に泣けました。by つたやん (4)

やらなければいけないことは多い。出来るだけシンプルに生きたいと皆願うけど、そんなに上手くはいかない。踠きながらも、たくさんのやりたい事を一つ一つ達成していきたい。ゆっくりでも良い。ドラゴンへの道だ。by ゼロ (425)

H2

4.07

6537

162

発刊:----.--.--

通常版 他2作

野球のジャンルというより、青春モノとして最高の出来ではないでしょうか。 作者のあだちさんの魅力がふんだんに詰まった作品だと思います。 37巻と少々多くはありますが、それを感じさせることなくストーリーは駆け抜けます。 主人公やヒロインらの感情の揺れ動きや関係の変化何度読み返しても楽しく読めます。by obcymercury (73)

ゴールデンカムイを読んでこっちを読まないとかあり得ない。野田先生のギャグ炸裂、フィギュアスケートファンならニヤリとするネタがたくさんある。スポーツ強豪校特有の理不尽に過酷な練習がすごくリアルで説得力がある。野田先生のブログで制作の裏話が読めるのでそちらもぜひ。by Taka (94)

1