2010年〜 に発売されたマンガ

並び替え:

聲の形

4.16

2606

59

発刊:2013.11.15

完結・全7巻

頭から重いテーマで始まります。そこから主人公や周りの人間達の心模様が、赤裸々に描かれてゆくことに、時に震え時に涙する作品です。読んだ人の心に必ず何かを残す作品だと思います。by 森脇かみん@サブカルメディカル掲載中 (35)

ダンジョン飯

3.87

2384

60

発刊:2015.01.15

既刊6巻

発想と演出のうまさが抜群です。そこにタイトルから想像されるよりも骨太なストーリーラインが重なり、空想的なのに地に足のついた感のある物語が展開されます。続きが読みたくなる作品です。by 森脇かみん@サブカルメディカル掲載中 (35)

まず初めにその高い画力に驚かされた作品。 また冨樫義博や弐瓶勉の幻想的な描き方を連想させながら、キャラはポップで可愛いらしい。しかし物語は重厚でエグいシーンもしばしば。その点はベルセルクも想起させるSF冒険ストーリー。by Shin (355)

4巻まで読みました。 いい人とか悪い人とか、正しいこととか悪いこととか、一筋縄じゃいかないリアルのリアルさが、 優しい作風の中でピリリと光って、それがすごくいいと思いました。 それでも一応作者なりの答えを出してくれるんだろうなという漠然とした安心感があり、どんどん読み進めたくなります。by エイリオ (2)

ジャンプラで連載が始まった時は衝撃的だった。物語が壊れていく面白さを確信犯的にやっていて、露骨に沙村広明フォロワーで、いわゆるアフタヌーン読者の目に入りづらいジャンプで連載してることも驚きだった。by Yasuhide Sugimoto (11)

天才暗殺者が主人公の物語。 天才でありながらとても穏やかでユニークな一面を持つ主人公が魅力的。他のキャラクターも独特な世界観を持っていて、全体的に少しリアルで強面な絵とストーリーと、ところどころのギャップのあるやりとりが笑えますby Shin (355)

ダンス漫画がこんなに面白いなんて! 最高に研ぎ澄まされた作画に台詞回し演出がとてつもないレベルで仕上がっている作品です。毎回鳥肌が止まらないシーンがあり、何度でも読み返してしまう魅力があります。by 森脇かみん@サブカルメディカル掲載中 (35)

最近ハマっている青春恋愛マンガ。 恋愛物ではあるが、少女マンガとは一線を課すかなりユニークな心理戦だらけのコメディマンガ。 知名度はまだ低いかもしれませんが、ストーリーも絵もレベルが非常に高く、読み返しもかなり多くなってきてます。by Shin (355)

12345