SF・ファンタジーのマンガ一覧

並び替え:

●1巻 アンチメガストラクチヤーとかエナとか、今までの作品を踏襲しつつな世界観は健在。そしてシドニアに続いてちゃんと分かりやすい。 ●2巻 ツンデレケーシャ。能力が色々出てきたね。イーユもそうだけど氷とか電気とか操るのはいかにも「能力!」って感じでいいね。こうしてみるとエスローの能力射出って地味だね…。ピコの切断は最初建物割るのはかっこ良かったけど、あんま良いとこないまま終わったな。あと、主人公が足をエナで再生したとき、「それがいかにスゴいのか」を急に長文で説明し出すからなんか笑っちゃった。他のは全然説明しないのに。後々大事になるんだろな。盾とかも作ってたけど、スゴいんだろうねあれ。 ●3巻 フューマとアイム戦。エスロー逃げろーと思ってたらあっさり倒してて、上級転生者の質とはいかに。 イルフ・ニクでのトオス戦では圧倒されてて、国が破壊された。 自分のピンチも敵の死も淡々と描かれるから、感情が追いつかないけど妙なリアリテイがある。 ●4巻 タイターニア捕まりがち。 ジェイトは見た目幼いのにかっこいいなぁ。名前も強そう。 皇帝の未来予知的な力の正体が気になるな〜。地底に行こうとしてる理由にも繋がりそう。 by ささ (11)

アシガール

3.92

3736

57

発刊:2012.07.25

既刊14巻

一気に読んだヨーーーーー もう若君がイケメンパラダイス 足軽と女子高生をミックスさせてて そこミックスとか嘘でしょ? って思って読み始めたけどどハマり なんの違和感もなく、むしろその設定がふたりに試練を与えて切なくなるあたりさすが森本先生です by momom (32)

「ジャガーン」という漫画を読んだ。 「神様の言うとおり」や「僕たちがやりました」の原作者(金城宗幸さん)が生み出した新世代のダークヒーロー。 正義とは何か。 悪とは何か。 答えの無い永遠のテーマに迫る作品。 主人公(蛇ヶ崎)がヒーローとは思えない人物像で汚れた感情を持ち合わせているので随所で共感を覚える。 綺麗事ではないヒーロー漫画。 「正しさだけでは、人は救えない。」by ヒノデ (55)

最後ゴチャっとした気がするけど、それでも最高の一言。 漫画への愛、世界への愛、物語への愛、ひしひしと感じました。 天才浦沢直樹の片鱗が見える名作です。 個人的には浦沢作品トップ3に入るかも…by Hm (29)

感情移入し過ぎでこっちまで絶望する。 終始壊れた世界とくらい画面。 読み終わったあとどっぷり疲れた。 そのくらい濃いです。 現代版アダムとイブなのかな。 てか打ち切らんで欲しかった。 結局ドラゴンヘッドて何だったん 富士山どうしちゃったん (アイ・アムヒーロー好きな人は好きそう)by ███████ (149)

ハッピーエンド(もしくは地獄の始まり)の作り方。…ああ、そういう物語だったのか。 久々に読みながら七転八倒しました。 特に序盤の花畑の場面。作者、メチャ意地が悪い!! くうう〜でも、わかってるう!!みたいな… 常に先輩の視点で物語を見てしまった。先輩大好き。でも惚れたら絶対シンドイ。 by おおがらす (386)

刻刻

3.84

3454

75

発刊:2009.08.21

完結・全8巻

時間の止まった世界の中でいきなり始まる息の詰まるような攻防戦!こっちの戦力はアラサー女とじいさん、敵は怪しい新興宗教の男達!!! トンデモ設定と理解不能な世界観。 それらが全て説明され伏線も見事に回収されて収束し感動のラストシーンへ。 設定フェチ脱帽です。by おおがらす (386)

物の怪達のトラブルシューター少女と、怪異と人との混じり物である青年のコンビが織りなす、虚構(ネット界)に生まれた怪物を虚構(嘘)で倒す!ミステリ?漫画。 かなり厨二…ロジカルで文字数が多いのでラノベ好きには堪らないかと。アクションも上手い。 …けど2人はカップルなのに、青年の愛情表現が無さ過ぎて個人的は物足りない。ちょっとで良いからイチャコラ見たい。by おおがらす (386)

ハピネス

3.49

3317

73

発刊:2015.07.09

完結・全10巻

 押見作品は屈折した人間模様を描いたものが多く、特に本作は非常に暴力性・残虐性が強いので人を選びます。それさえ抵抗が無ければオススメの漫画ですね。抽象的な表現が多かったり、スッキリしない終わり方をする押見先生の著作の中では、比較的ストーリーが掴みやすい作品なので。 「吸血鬼」という非常識な存在に突然巻き込まれることになった人々が人生を狂わされていくという内容で、一応主人公はいますが群像劇のように視点が変わります。前半は奈緒、後半は雪子の悲惨な展開に心が痛みましたが、最後は何となく幸せなかたちに収まって心動かされました。特に雪子は本当に純粋で可愛らしく、好きなキャラクターだったので、年老いても出会った頃のように「・・・っす」と誠に声をかける場面は切なくて堪りませんでした。他にもずっと誠が帰ってくるのを待つ母の姿など、最終巻は涙腺崩壊するシーンで一杯です。  謎だったノラについても最後の最後で語られ、全てが判明したわけではありませんが、納得のいく説明があって良かったです。思えばこの本作の登場人物たちは、過去に失った人に囚われ、似ている誰かに重ね合わせていた者が多かったですね。ずっと追ってきた読者として大満足の結末でした。by ギヨタン (25)

非常に巧く読みやすくしたコミカライズ。タイトルの可愛げとは裏腹の、狂気に満ちたリアリティが展開されます。概ねは実際の戦史をベースにしていて、戦略や戦史がすきなひとは間違いなく楽しめる!by いぶき (162)

子供の頃に読んでいてよかったなと思う漫画の1つ。 ギャク漫画なんだけど、以前どこかのレビューで「良質なファンタジー」という評価を見て非常にしっくりきた。独特な世界観を自然に受け入れていた最初の作品だと思う。 今の子達がそういう体験をするのは、「メイドインアビス」とかになるのかなぁ。by ヒマラヤワ (119)

死ぬまでに21巻が発売されて作品が完結しますように。 正義とは悪とは何かを考えさせられる超ダークな王道SFアクション。 話がゴチャゴチャしてて分かりづらい部分はあるけど、徐々に善悪が付き纏ってくるのは本作ならではかなと。by コースケ (136)

白黒で表現される表紙も見てて楽しいよ。 綺麗に終わったと思う。 バトルやお色気や人間の暗黒面がCOOLに描かれてます。 ピアノで共鳴するシーン好きだわ 後半になるにつれ絵柄の毒々しい感じも消えたと感じた。いいか悪いかは人それぞれ。by ███████ (149)

浮世絵ライクな作画にぬらりひょんという唯一無二の組み合わせを見れた事に感動した。 戦闘描写も浮世絵のそれっぽく見えてジャンプでこんなの読めるんだなぁとあの時思った。by コースケ (136)

17年ぶりに異世界から帰ってきたおじさん(34歳)のカルチャーギャップを楽しむマンガ。スマホもYouTubeも知らないが、異世界で覚えた魔法が使える。この異世界からの逆輸入というか、転生を二度体験したかのようなシュールな設定が、とても癖になる。同世代にとっては懐かしい話も多く、17年でこんなに変わったのか、という視点でも楽しめる。by 八田モンキー (223)

絵に未熟さが色濃いのに「決めゴマ」の異様なカッコ良さ!ドラマにレトロ感が漂うのに何故だか毎回ジンと来る! 敵のデザインも「前にどっかで見た感」がバリバリなのに妙に魅力的。 うーん何だこれは!昔のアニメや特撮へのリスペクト?なぜか一言で表せない不思議な魅力。主人公のデザインが異様にダサいのが唯一気になる…発展途上?by おおがらす (386)

「死神坊ちゃんと黒メイド」という漫画を読んだ。 本作は、その身に触れた全ての命を奪ってしまう呪いをかけられた坊ちゃん(貴族の長男)と彼を愛するメイドの物語。 とてつもなく可愛らしいラブコメファンタジーコミック。 相思相愛な二人をいつまでも見守っていたくなる。 ただそれと同時に、いつまでも二人は一緒に居られるのか心配になる切なさも描かれている作品。 僕にとって「永遠」を信じることは困難だ。 けれど恋人が口にする「ずっと」は容易に信じられる。 本作では「永遠の愛」ではなく「ずっと大好き」が描かれているような気がして素敵だった。 ヒロインであるメイドのアリスと坊ちゃんが仲良く恋愛している様が微笑ましい。 二人には結ばれて幸せになって欲しい。by ヒノデ (55)

23456