SF・ファンタジーのマンガ一覧

並び替え:

恋は光

3.25

1112

22

発刊:2014.06.19

完結・全7巻

月刊誌で読み続けてただけで単行本は持ってないですが、毎月楽しく読ませて頂きました。 いわゆるラブコメってのは描き尽くされてて最早新しいものに出会えない作品で、もしかしたら読む人によってはこれもそうなのかもしれませんが。 不器用ながらもそれぞれのやり方で真面目に恋愛に向き合う登場人物がみんないじらしくて毎月目を離せませんでした。穏やかで丁寧で優しくて切なく苦しい恋愛漫画です。by 印度無双 (52)

アシガール

3.23

992

17

発刊:2012.07.25

既刊12巻

一気に読んだヨーーーーー もう若君がイケメンパラダイス 足軽と女子高生をミックスさせてて そこミックスとか嘘でしょ? って思って読み始めたけどどハマり なんの違和感もなく、むしろその設定がふたりに試練を与えて切なくなるあたりさすが森本先生です by momom (32)

ドロヘドロ

3.33

987

23

発刊:2002.01.01

完結・全23巻

世界観に圧倒される、偏見とかじゃないけど女性が書いているとは… 繊細なキャラ立ちと圧倒的暴力、画力もそれを底上げしている。漫画でしか描けない素晴らしい世界をありがとうございました。こういう作品にはもう2度と出会えないかもしれない。by Hm (28)

日常系の一つの完成形。 よくある日常系では、○○部の内部の閉じた空間がメインで描かれるが、この作品は違う。ジジババ世代から孫世代までの幅広い層にわたる登場人物に、彼らはそれぞれ異なる人間関係を持っており重層的な世界観を形作っているのである。そのため、「閉じた空間」を描いた作品では、どうしても現実感が欠けてしまいがちになるのに対し、この作品は、今となっては過去の存在になりつつある「人情あふれる下町」を舞台にしているにもかかわらず妙なリアリティがある。登場人物がみな現実の世界の住人であるかのように感じられるのである。 良い日常系作品の条件というのは、人と繋がりあう素晴らしさと、大切な人と過ごす日常の貴重さを伝えてくれることであると私は考えているが、それ町はリアリティがあるだけでなく、この条件も十分すぎるほど満たしている作品である。これはもう文句の付けようがないと言ってもいい。自信を持っておすすめできる作品である。by くるふら (7)

23456