SF・ファンタジーのマンガ一覧

並び替え:

心理戦が面白い。やり過ぎると無駄な場合分けを、ずっとしてるみたくなるけど。 また、漫画の中に違う絵柄を取り入れた演出を最も旺盛に行う人で劇画と竹内直子譲りの少女漫画が共存した世界はカオスそのものである。 by なかがわ (46)

NARUTO ナルト

4.17

3102

77

発刊:2000.06.01

完結・全72巻

ナルトとサクラとサスケにむかっとする人は他にも入るはずだよね? あとこの漫画は世界観と額当てや巻物、写輪眼といった小道具がかっこよく統一感があってよかった。真の日本版ファンタジーを作ったといってもいいんじゃないかなby なかがわ (46)

ダンジョン飯

3.87

2384

60

発刊:2015.01.15

既刊6巻

発想と演出のうまさが抜群です。そこにタイトルから想像されるよりも骨太なストーリーラインが重なり、空想的なのに地に足のついた感のある物語が展開されます。続きが読みたくなる作品です。by 森脇かみん@サブカルメディカル掲載中 (35)

まず初めにその高い画力に驚かされた作品。 また冨樫義博や弐瓶勉の幻想的な描き方を連想させながら、キャラはポップで可愛いらしい。しかし物語は重厚でエグいシーンもしばしば。その点はベルセルクも想起させるSF冒険ストーリー。by Shin (355)

ジャンプラで連載が始まった時は衝撃的だった。物語が壊れていく面白さを確信犯的にやっていて、露骨に沙村広明フォロワーで、いわゆるアフタヌーン読者の目に入りづらいジャンプで連載してることも驚きだった。by Yasuhide Sugimoto (11)

プラネテス

3.94

1584

37

発刊:2001.01.20

完結・全4巻

SFにおける近未来観というのは、ともすれば時代の移り変わりによってカビが生えやすい"生もの"だ。本作も99年初発表とあって、登場ガジェットや理論は古典的なものが多いが、ケスラーシンドロームとその対応を中心とした"日常感のあるSF世界"という演出に関しては、いまだ右に出るもののない傑作。by このゑ/Moriyasu (3)

12345