4コマのマンガ一覧

並び替え:

twitter上に流れてくる女の子の変顔とネガティブ台詞で以前から気になっていた作品。ついに単行本1巻が発売されたので早速購入してきました。 表紙とタイトルを見た印象では「一緒にバンド活動する仲間がいないので一人でギターを弾く女の子の話」かな…という感じですが、実際はそれに加えてひどいネガティブ思考と豆腐メンタル(と隠れ巨乳)の持ち主である主人公・ぼっちちゃん。 今までネットに「弾いてみた」動画をアップするくらいしか活動していなかったぼっちちゃんですが、「バンド女子アピール」のために持ち歩いていたギターに目を付けたドラマー・虹夏さんにスカウトされ「結束バンド」に加入した事をきっかけに次々と新たな出会いや経験に恵まれ、忙しくも賑やかな日々が始まります。 しかしそこは筋金入りのコミュ障ネガティブ少女・ぼっちちゃん。なかなか人見知りを克服できずに落ち込んだり陰キャ全開な言動で周囲に引かれたりと、環境が変わったからといって性格まで急に変われる訳ではありません。 それでも自分の目標のため、そして自分を受け入れてくれる仲間たちとの大切なバンドを盛り上げるために頑張るぼっちちゃんの姿を見ているとこちらも勇気をもらえますし、1巻に描かれている約4ヶ月の間でもぼっちちゃんがゆっくりと確実に前に進んでいる実感が得られるので読んでいて心地よいです。 そして何より、普段は駄目駄目なぼっちちゃんが路上ライブや2回目のライブなど「ここぞという時に決めてくれる」ところは非常に好感が持てますし、このあたりの盛り上げ方は本当に上手だと思います。 本作は発売後即重版もかかったとの事で間違いなく「次にくるきらら作品」の筆頭候補だと思いますし、早ければ今年中にもきららファンタジア参戦やアニメ化が発表されるのではないかと期待しています。by さとう (5)

王道キャラの性別や設定といった立ち位置を入れ替えてみたラブコメ …なんだけど、各キャラの価値観がハッキリしている上に嫌味が無く、 だからこそお約束を斜め上にカッ飛んでいく様が面白いギャグ四コマ作品by まちゃるんと (332)

伊藤いづも先生の読者を楽しませるテクニックが至るところに散りばめられており、読んだ後の満足感は最高です。 コマの書き込み量が多く、その中に色々なネタが仕込まれているので、読み込める漫画となっています。読み返した時にあれはそういうことだったのか!気づくのがとても楽しいです。 4コマ毎についているタイトルも4コマ読んでからナルホドと2度オチを楽しめるアクセントとなっています。 それぞれのキャラクターがもつ生き様や関係性、まだ明かされていない秘密が今後どう展開していくかとても楽しみです。by やまぶき (3)

2巻無料

徒然チルドレン

3.45

2911

47

発刊:2014.08.16

完結・全12巻

ツイッターで公開されているのを見て大人買い。 基本的にみんなハッピーエンドですが、途中展開が変わったり、新キャラが投入されたりして、だれることなく最後まで読みきりました。 出てくるやつらがみんないいやつ。癒し。by ヒマラヤワ (119)

かなり良かったです。ちょうど先月末2020/8/28 少年ジャンプ+ 第51話で完結しました。10/2に最終3巻が発売予定です。ジャンプ+で初めから終わりまで無料で一周 読めましたが、すぐ再読したくなり1,2巻すぐ買って読み返しています。 周りからブサイクだからとバカにされ続け 何もかも信じられない女の子と、その子を好きになったイケメンピュア男子の物語。"ネガティブJKの思考が紡ぐアンチ恋愛4コマ" という正にコピーどおり。そんなにかというツッコミを入れたくなるぐらい突きつめて拗らせてしまったネガティブさ。しかし同質の原理でしょうか、観ていてそれ分かる! と思う頷けるシーンも多々あり。 綺麗事ではないリアルな日常や想い・本質的な問いが率直にかつ哲学的に綴られていき 色々考えさせられます。合間に挟まれる笑いを誘う豊富な小ネタも楽しいです。自らのコンプレックスに悩む多くの人にオススメの作品です。 作中やるせない絶望にぶつかっていた彼女ではありましたが、愛すべき友人がいた事は大きな救いだったと思います。 近い作風の作品 : 妄想テレパシー@NOBELby シン (878)

オタクでさえない女性・かづ子とヤンキー小学生・龍桜のドタバタ歳の差ラブコメ! 龍桜がかづ子に思いを伝えようと小学生なりに頑張るが、いつも空回りなところが可愛いし、めちゃくちゃ応援したくなる。 龍桜とかづ子が一緒に登場しない回やサブキャラが活躍する回も内容が濃くてギャグ要素も詰まっているので、飽きずに読むことができる。キャラも一人ひとり濃いので、とりあえずどのキャラも愛着を持てると思う。 最新刊ではかづ子が龍桜の気持ちにちょこっと気がつき、あたふたしたり、まさかそんなことはないだろうと考えたりするシーンが増えてじれったいが、それもまたよい。by れとれとさん (527)

読むと海外旅行に行きたくなる!出会いと観光とおいしい食事が詰まった旅物語です!!  亡くなった両親がつけた「海」という名前の由来となった景色を探してヨーロッパの地へやってきた女性、七瀬海と、彼女がポルトガルで出会った画家の少女、安藤りえ。ふとしたきっかけから共に行動することになった二人が繰り広げる、出会いあり、別れあり、観光あり、食事ありのとってもにぎやかで面白い、自分のルーツ探しの旅物語です!!  この作品の魅力はたくさんありますが、まず何といっても注目すべきは作中に登場するヨーロッパの観光名所です!サグラダ・ファミリアやスペイン広場などの有名な場所をはじめ、二人が旅するヨーロッパの国々の名所がたくさん登場します。どれも丁寧で綿密に描写されており、森永ミキ先生の描きこみのすごさに圧倒されます。それぞれの名所の歴史や注目ポイントもしっかり紹介されているので、絵のすごさと相まって読むだけでちょっとした海外旅行気分になります!観光名所だけではなく、グルメやその国の豆知識なども面白く紹介されているので、行ったことがない人は読むと行きたくなる、行ったことがある人も新しい発見がありまた行きたくなること間違いなしです!!  登場キャラも大きな魅力です!私は特に主人公の海が大好きです!海はとても明るくて誰とでも仲良くなれて、ちょっと危なっかしいから目が離せない、そんな面白い女性です。とにかく食べることが大好きなので、行く先々でおいしそうに料理を食べてくれるのも魅力的です。海は旅を通して見るもの、食べるもの、経験すること、すべてに対して心から楽しんでいるのが伝わってくるので、大好きなキャラクターです。そんな海だからこそ時折出る素直で率直な言葉に周りの人も心を動かされるのだと思います。作中でたびたび登場するデフォルメ絵がすごく可愛いです。あどけない顔と無邪気な言動で幼く見えますが、年齢を知ったときは驚きました。  そんな海が旅先で出会った少女、りえも好きです!海の友人として、また保護者として一緒に旅している彼女ですが、しっかり者で大人びている一方、大好きな芸術のことになると海以上に暴走してしまうこともあり、そのギャップが可愛いです。海と一緒にいるときの、友達であり、姉妹のようでもある2人の距離感が好きです。  海とりえが旅先で出会う人々との交流も見所です。1巻でメインで登場するのはフォトグラファーのエマと服飾デザイナーを目指すマリアです。画家であるりえを含め3人とも芸術家・表現者としての葛藤や悩みを抱えていますが、海たちとの旅を通して少しずつ前に進んでいこうとするのが素敵だと思いました。エマやマリアのお別れのシーンはグッときます。  そんな海とりえの観光あり、食事あり、出会いありの旅物語が「旅する海とアトリエ」です!2人の行き当たりばったり海外旅行を楽しんでください!何より、読むと必ず海外旅行に行きたくなります!!ぜひ読んでみてください!by がんも (8)

何気ない毎日に幸せがあふれていく、スロウなペースで成長していく女の子たちのハートフルな日常コメディ! スロウスタートはまんがタイムきららで連載中の、アニメ化もされた人気作品です。 物語は、とある事情から高校浪人し、みんなより1年遅れて高校生になった主人公、一之瀬花名と彼女の友達、周りの人々が繰り広げるハートフルでまったりな日常コメディです! 魅力は何といってもかわいいキャラクターたちのテンポの良い掛け合いです。優しくて人見知りで、ちょっとおっちょこちょいな花名、ムードメーカーで元気いっぱいの百地たまて、だれとでも仲良くなれておしゃれセンスも抜群な十倉栄依子、のんびりマイペースで栄依子が大好きな千石冠、この4人が中心となっておしゃべりしたり、買い物に行ったり、お泊り会をしたり、ほんわかした楽しい日常を送ります。 高校生組以外にも、花名が住むアパートの管理人でよき理解者の志温さん、同じアパートに住む大学浪人中の万年さん、花名たちの担任の榎並先生など、花名たちを見守る優しい人たちがたくさんいます。 基本的には難しいことは考えず、読んで笑って癒される日常作品です。しかし、時には花名たちの成長や人間模様も描かれてそれもまた面白いです。引っ込み思案な花名が新しいことや初めてのことにたくさん出会い、みんなと楽しい日常を過ごす中でちょっとずつゆっくりと成長していく様子を親のような気持ちで見守ることができます!また、この作品の重要な点の一つでもある栄依子と榎並先生の関係性も気になります。 あと、絵がとてもかわいらしいです!普段はもちろん、デフォルメされたキャラたちもとても愛くるしいです!プキプキやチーチーなど、ちょっと独特な効果音もかわいらしくてにぎやかで楽しいです。 花名たちの日常と成長、みんなの仲良しガールズライフをたっぷり楽しんでまったりと癒されること間違いなしの作品です!ぜひ読んでみてください!by がんも (8)

「おでこぱしー」という見てるこちらが恥ずかしくなりそうなビジュアル的ポイントを軸に、宇宙人のユウや仲間たちとの出会いを通じて成長していく内気な主人公海果の姿を描いたまんがタイムきららの話題作。 まず表紙を見て分かる通り絵がとても綺麗です。また、コマ周りの遊びがとても凝っていて、4コマにありがちな「コマが同じ大きさだから見ていて飽きる」ということが全くありません。かといってうるさくもなく本当に読みやすい。4コマの新しい可能性を見出した気がしてとても驚きました。 総じて絵的なクオリティは文句無しに満点です。 次にキャラクターですが、どの子も魅力に溢れていて微妙と感じる子は一人もいません。ネタバレになるので詳しく語れないのが残念で仕方ありませんが、差し障りない範囲で言えば冒頭で述べた通りやはり主人公である小ノ星海果の「内気だけど健気に夢に向かって頑張る姿」ですね。見た目は弱々しくても殻に閉じこもらない。困難にぶつかっても決して諦めない。彼女のそんな姿にあなたの心もきっと打ち抜かれるはずです。 そんなわけでキャラクターも見事な満点です。 最後にストーリー。宇宙を目指すというなかなかぶっ飛んだ目標のため最初のうちは「確かに良い話だけどこの調子でちゃんと続くの?」と思ってしまうかもしれません。しかし1巻を読み終える頃にはそんな疑問もどこへやら、作品の世界へ引き込まれているでしょう。先生はそのあたり完全に計算した上で1話1話描かれたようで、1巻ラストは本当に綺麗な形で終わっています。と同時にこれからどうなるんだという気持ちも湧いてきて次が読みたくなる。この構成力にはもはやぐうの音も出ません。言うまでもなく満点です。 ここまで長々と話しましたが最終的に言いたいのはこれだけです。百聞は一見に如かず。とにかく買ってください。そして読んでください。 読書感想文というものが大の苦手で、いくら好きな作品でも今の今までこういったものは一度も書いたことがなく、これが人生初レビュー。そして雑誌のアンケートを書いたのも先生へのファンレターを書いたのもこの作品が初めて。だから何だって話なんですが、少なくとも私にとっては間違いなくそれだけの魅力が詰まった作品なんです。皆さんにとってもそういう1冊になることを心から祈っています。by もてぎ🌟 (1)

「社畜」と「家出少女」という、簡単にシリアスにできるものが暗くなりすぎずに描かれている。 作品冒頭に出てくる「とかくに人の世界は住みにくい」という言葉から、1巻の中でも暗い展開を期待していた部分があった。 しかし、この作品の登場人物、特にナルさんはとにかく前向きに生きていると感じられる。 いわゆるブラック気質の会社で働いているナルさんだが、作品の中で愚痴や泣き言を漏らす場面はあるものの、物事を後ろ向きに考えている場面はほとんど見られないのである。 この設定の中、シリアスにならず、物語が非常に明るく進んでいるのはその部分が強いのではないだろうか。 また、4コマ漫画として、ひとつの4コマでひとつの起承転結ができている。 けっしてストーリーとしての流れは壊さず、しかし4コマの中にも小さなストーリーができている。 4コマとして非常に完成度が高い作品になっていると、私は感じた。 この作品を読むにあたり、是非とも読んでほしい部分が1話目の最後である。 コマ割り、演出、吹き出しの使い方…全てにおいて、優れている。 また、ナルさんとユキちゃんの生活の不安定さを暗示しているようにも感じられる。 この場面でも登場する「とかくに人の世界は住みにくい」という言葉。 演出と相まり、この1ページだけで、今の世の中の生きづらさが表れているのではないだろうか。 1巻の最後の話は、ナルさんとユキちゃんの行く末がいかに脆く、不安定なものなのかを感じさせる。 この話を読んで、続きが気にならない人間は少ないだろう。 今後の展開も含めて、非常に楽しみな作品である。by 秦俊 (3)

アニメを見て気になったので読んだ。これはすご~く良い漫画! 「可愛いもの」「ドキドキ、きゅんきゅんする展開」そういうのが好き。この作品は「好きの一歩手前」の関係が多く、キャラクターどうしの距離感や、思わず一言突っ込みたくなるようなもどかしい展開が、実に自分好みで楽しい。読んでる自分のほうが顔が赤くなりそう。 1ページに4コマあるタイプのワイド4コマ漫画。 4コマ漫画も好きなので、親和性が高い。ヒロインの一人、ベルゼブブは「モフみ」のあるものが好きで、自分もちょうど最近もふもふがマイブーム。タイミング的なものもあるけど、自分の好みにぴったりで、読めば読むほど深い沼にハマるしかなかった。 アニメに出てこなかったキャラクターもいっぱいいるので、「アニメから入った」ことでガッカリすることも全然なく、むしろもっと好きになれた。これからもとことん付き合いたい。by みそトマト (35)

12345