歴史・時代劇のマンガ一覧

並び替え:

メモ 序盤の王座奪還までの流れ好き 王騎のキャラ ランカイのキャラ 18巻の36P 呂布韋と太后が交わるシーン 男側が真顔のマグロ、女側が性狂な絵面がシュール。毎回騎乗位なのも面白い。 カンキ将軍 目や耳を敵軍に送りまくるサイコパス 連合軍編 ようやくカンメイ出てきた カンキ軍のオギコなんだこいつw 万極戦後のびょうこうオモロイ 連合軍戦、さい城編がめちゃおもろい ランカイと甘秋すき 連合軍戦のあとがつまらんって聞いてたけど今のところ面白い。 きょうかいの復讐と、弟の反乱()編。も良かった。 戴冠式編も面白かった。 しょうへいくんが寝返るのはさい城あたりから匂ってたけど、それでも「お察しの通りです」はかっこよすぎた。 陽ちゃん絶対死ぬと思ってたけど生きてて良かった。 なんなら信に惚れた説あるしあの場面で生き残ったのなら多分この先も生きるだろうな。 呂布いはセックスの時マグロだけど、話の筋は通ってるから憎めないわ。ただ政が上回っただけで、呂布いの道も間違いではないんだと思う。 新六大将軍は予想ではファルファルのとう将軍入ってたけど、なんとなくいい感じのところで死にそうな気がする。それで信が王騎軍率いて大将軍になる的な流れだと予想。 オギコの出番多くて嬉しい、らby たこやき (121)

ハマった小学生を剣豪に仕立て、中学生を厨二病に引き込む罪深い漫画。 かくいう私も、小学生の頃にハマってから今でも剣客物は好きだ。 わかりやすい勧善懲悪の裏に、暗い話と、個人的にだが「因果応報」が込められていなくもない気がする。 当たり前だが、散々ネタにされるのは愛されている証。 大人になって見返すと、左之助の体格がヒョロガリ過ぎて受け付けなくなっていた。by sd (64)

井上先生が天才であることを再認識する以上に、その描写具合が『鬼才』であり『芸術家の域に達してしまった』ことを突き付けられる作品です。 誰もが知っている宮本武蔵を面白くするということが実は難しいのですが、佐々木小次郎の設定を筆頭に、キャラの立て方も上手で、かつ、墨で描き出すことで、キャラの魂までをありありと描写しています。 これは漫画を超えている… あ、でもほんと、ちゃんと完結させてください、と、祈るばかりです…by ゲームプロデューサー (15)

2021/1/1 全巻無料フェアがあったので、やっと読むことができました。 偉人たちが異世界転生してバトル これだけで面白い。最高に厨二心を心地よく刺激してくれる作品。 キャラのかけあいも面白いです。 ファンタジー世界に転生した偉人たち。島田豊久・織田信長・那須与一。彼らは「漂流者(ドリフターズ)」と呼ばれ、互いに協力しながら異世界攻略をめざします。 また、「廃棄物(エンズ)」と呼ばれる人物もいます。彼らは、異世界を滅ぼそうとする組織側に属しています。 土方歳三、ジャンヌダルク、ジルドレ、ラスプーチン、源義経etc... 生まれた時代が全然違う主人公側たちの「俺が死んだ後はどうなってたの」エピソードとか面白いですね。 どうやら未完のまま数年新刊が出ていないようです。首を長くして待ちましょう。by せーふぁ (506)

『寄生獣』、『七夕の国』の岩明均先生の作品。 自分個人としては七夕の国のようなミステリーSFが大好きで、本作は他の漫画好きの方々が仰るように特別面白いとは感じなかった。 ただ自分の感覚が違うだけと思って、☆3にプラスして☆4by せーふぁ (506)

実際にこんな大河ロマン話があったかのような、細かいストーリー描写は圧巻。どこかクセがあって魅力的なキャラばかりで、圧倒的に不利だった主人公の元に、最高の仲間が集まるたびにその人徳と魅力が際立つ!by tomoki (83)

読んだ瞬間から好きなマンガの中で文句なしの第1位に躍り出ました。 一点の曇りもなくハッピーな気分になれる展開のタイムスリップものです。ヒロインの外見よりも人柄と性格の良さだけにとことん惚れ込んでくれる、色気タップリの超イケメン若君のビジュアルと性格がとんでもなく好き。 話の展開はシリアスだけでなくコミカルな笑いもあり、お腹抱えて笑うところもしばしば。どの巻を何回読んでも楽しい気分になれます!by ちゃ太うさぎ (99)

◆こんな方にオススメ ・侍が好き ・うーん、画を見て下さい。うまく説明できません。 スコアは該当する方へ ◆感想 ◎ストーリー 全体的なストーリーはそれほど独自性がないのですが、雰囲気がいいんですよね。登場人物同士の掛け合いがボケとツッコミだったりとか、そういうところはとても好きです。あとは巻末の武器解説に著者が自分でツッコミするところも笑っちゃいます。 ◎画 すごいです。こんな画を描ける方は見たことがない気がします。クセがないのにクセがものすごくある。私はオリジナリティの強い作品が好きなので、惚れました😁by Rodan先生 (49)

◆こんな方にオススメ ・優しい物語が好き ・文化が好き ・歴史が好き スコアは該当の方へ ◆感想 ◎ストーリー 良く言えば雰囲気を楽しむもの、悪く言えば地味です。ドラマチックな展開はほとんどなく、日常的なシーンに優しさ・思いやり・愛情がさりげなくこもっています。好みが分かれると思います。 ◎画 ややクセがあります。by Rodan先生 (49)

家族を惨殺され1人生き残った。それ以来、生きる目的は恩人の為に「敵を殺して殺して殺しまくって最後は潔く殺される事」死にたがりの少女はある武将の影武者になる事で武田と織田の戦に巻き込まれていく。 序盤の死んだ目から次第に輝きを増していく瞳が良い。殺陣もカッコいい。 しかし「犬戻り猿戻り」って実際にある場所なんすね!よくこんな処にお城作ったな〜by おおがらす (431)

青楼オペラ

3.74

3518

58

発刊:2015.10.26

完結・全12巻

2020/07/22、全巻。文字多くて内容濃い、読むの疲れる。だが深くて良い話。最後も皆ハッピーエンドにまとまった。 話は親の仇をうつために花魁になる、1人の男を愛しそいつの妻になるか自分の家を復活させるかの2択で葛藤しつつ親を殺した奴の真相を暴いていく、結局犯人は元婚約者。でもラストが数年後ーーって感じで、まぁなんか最後ころっといつのまにか主役らくっついてるやつだったけどまぁヨシ。 この漫画のよかったのはなんといってもヒーロー。最初は嫌いだったのにどうしても気になってしまい自分に素直になり猛アピールにキュン。ヒロインに何度も拒否られるも絶対に諦めないでずっとぶつかっていくのにキュン。ヒロインがどんなに欲しくても掴めない様を月と例えるとこも切なキュン。by lrvgfpcjwbxjlq (641)

薫のお父さんを求めて北海道へ……! そしてその先に待つ新たな敵、剣客兵器との戦いが描かれる。 ご存知大人気漫画のるろ剣が返ってきた!  お馴染みのキャラクターから歴史上のあんな人物や個性豊かな新キャラが盛りだくさんです。 敵キャラの全貌が見えないと、どうしても無意識に志々雄一派と比べてしまう難点はあるが、それはさておき読んでみるとやはり面白い。 by ヴァッハ (103)

「信長」って聞くと、歴史物に拒否反応が出てしまう人もいるかもやけど(私も)、これは1巻読んだ時点から絶対面白いって思った。途中までしか読めてないので完結したら読み切ってもう一度感想書きます。by (34)

世の大半の三国志作品が「蜀」の視点で描かれているのに対し、本作は「魏」の視点で描かれているという面白い作品。そのため、普段はあまりスポットの当たらない魏の人物、特に軍師たちの活躍が詳細に描かれていて良かったと思う。自分は本作を読んで、法正(蜀の人物だが)と楽進が好きになった。 ちなみに魏の軍師と言えば、荀彧、郭嘉、程昱、荀攸、賈詡。ここら辺の人物をあまり詳しく知らないなら、ぜひとも本作を読んでもらいたい。もちろん、知っている人にも読んでもらいたいが。。。by との (21)

1 4.1 光秀か織田に入る前のことは知らなかった。寺の位置づけも。 2 3.9 本願寺のエピソードも知らなかった。やや歴史の説明に終始する感あり。 3 4.1 グロ場面が増えた。信長秀吉の残虐性強調? 4 4.3 すれ違いの描写が丁寧で良い。コマの使い方が◎。 5 4.0 歴史の説明感がある。絵が上手ですね。 6 4.5 ついにメインディッシュ。面白い。 7 4.0 暗い歴史をなぞる部分なのでちょっと悲しいね。by kiki (13)

古田織部を主人公にするという、新し過ぎる視点の戦国物。 武ではなく「名物」を中心に描かれる人間模様、人間の胆力や骨董(現代視点)で話が進む新しいジャンルを作ったと思う。 もしかして、本当にこつだったんじゃないのか? と思わせるようなストーリーの作り込みと、数多く出るキャラクターそれぞれの魅力が、ある程度以上に史実にそって描かれるのもいい。by sd (64)

見た目も中身も、主人公が私にしか思えない。 連載当初から勝手にシンパシーを感じている笑 作品の立ち位置で言えばジャガーさん的なものだが、あそこまでのシュールさと面白さはない。 作者の次回作などは期待しているので頑張って欲しい。by sd (64)

山の民やアイヌ、琉球などのまつろわぬ民達は、家康の威を借る民兵に苛烈な迫害を受けていた。住処を焼かれ、惨殺された仲間の怨みを背負い、異形の鬼として転生する戦士達の悲しみと闘いが描かれる。 画面密度が濃く独特の絵柄…しかし、ひとたび世界に入れば、派手なアクションや決めゴマの超絶カッコ良さに悶絶できる!ケレン味たっぷりでギャグスレスレの表現も、ハマると抜けられない魅力に! モビルスーツ…もとい巨具足と人間城のバトル、見たい見たーい!!by おおがらす (431)

南條範夫氏原作の「駿河城御前試合」をベースにコミカライズされたチャンバラ活劇。歴史小説大好きなので原作は読んだことがありますが、スパッと初戦だけに絞って漫画として昇華してるのは凄すぎますね。 とことんまでの劇画調の画風、モツ垂れ流しの描写、余計な話が一切ないストーリー。 因縁のある2人の剣士が出会って最後に殺し合うまで、丹念に描かれている。全15巻、長いようで短い。2人の運命がそこに凝縮されている。 最終巻のヒキが美しすぎる。これぞ残心(違う) 最終巻の作者あとがきで触れてるけど、ほんとうによくこんな漫画描けたなあと思う。すごすぎ。by せーふぁ (506)

非常に残酷でベルセルクを思い出す無慈悲の連続だった。しかし驚くべきはこれが史実を下敷きにしてるということで、遠い昔の遠く離れた国の歴史をこれだけ生々しく(身近に)描けるのは漫画の特権だと思った。漫画は自閉的で記号的だとよく批判されるが、だからこそ空から落ちてきた少女の御伽噺や近所の幼馴染との恋愛と同レベルのリアリティで人類の負の歴史も描いてしまう。それはこの作品とともにヴィンランドサガやヒストリエやアンゴルモアが証明してきたではないか。その創作上の無邪気さが漫画の欠点でもあり長所でもある。いくら四肢が切断されても、頭部が転がっても記号的な身体は内面を表現できない。でもだからこそ容易に世界に届いてしまう。by なかがわ (109)

名作だと思います。 まあ……なんで主人公が過去に召喚されたのかとか、古代の言葉がキスでわかるようになるんだよとかツッコミ所は数多くあるんですが……本当に登場人物が魅力的!どのキャラクターも人気があるのがわかります。友人に貸すと皆はまってくれるマンガでした。グロいシーンもあるのでそんなに少女マンガっぽくはないです。by かるすとん (27)

12345