歴史・時代劇のマンガ一覧

並び替え:

2019/08/11。7まで。大王えいせいのシカ失恋話をする直前で終了。 2019/08/16。10まで。おうきと秦軍が戦場に着き、秦おうきvs趙ほうけんが始まろうとしてる。 2019/08/18。18まで。王騎は死んだ。後宮の太后は大王側に付くと見せかけて元許嫁の呂不韋と寝て付く。戦争は秦超同盟を組み、魏、韓に集中する。信は飛信隊で遠征中。 2019/08/20。23まで。蒙豪の対魏戦は勝利。興凱は仇打ちで離脱。弱くなった飛信隊はカリョウテン軍師の投入で更に強く。これから中華全体が戦争になってく。趙の李牧は燕国を狙おうとするとこで終了。by l. (251)

剣心がかっこいいだけの漫画。 高校の頃ハマって、テニスの授業中にラケットで天翔龍閃しまくったなぁ。 巴編が好き。by たま (219)

岩明均、相変わらず容赦ない漫画。生々しいのに無機質なこの表現の、この感触。酷薄なグロ描写。読めない展開。実験的な試み。そして何より凄いのはそれが面白い事。by おおがらす (284)

家族を惨殺され1人生き残った。それ以来、生きる目的は恩人の為に「敵を殺して殺して殺しまくって最後は潔く殺される事」死にたがりの少女はある武将の影武者になる事で武田と織田の戦に巻き込まれていく。 序盤の死んだ目から次第に輝きを増していく瞳が良い。殺陣もカッコいい。 しかし「犬戻り猿戻り」って実際にある場所なんすね!よくこんな処にお城作ったな〜by おおがらす (284)

2巻無料

アシガール

3.81

2280

36

発刊:2012.07.25

既刊13巻

一気に読んだヨーーーーー もう若君がイケメンパラダイス 足軽と女子高生をミックスさせてて そこミックスとか嘘でしょ? って思って読み始めたけどどハマり なんの違和感もなく、むしろその設定がふたりに試練を与えて切なくなるあたりさすが森本先生です by momom (32)

ヴィクトリア朝イギリス、メイド、身分違いの恋。これらに引っかかる人はマストです! 森薫氏の丁寧な画面描写と感情ラインが素晴らしい名作です。by 森脇かみん@サブカルメディカル掲載中 (45)

3巻無料

無限の住人

3.59

1908

35

発刊:1994.09.19

完結・全30巻

デビュー作でこの絵の上手さ!! 鉛筆風の書き込み表現の斬新さ、戦闘場面のスタイリッシュな格好良さ!!! ただ痛快なだけでなく、復讐に対するヒロインの苦悩や人が人を斬ることについて考えさせられる。傑作。 by おおがらす (284)

非常に残酷でベルセルクを思い出す無慈悲の連続だった。しかし驚くべきはこれが史実を下敷きにしてるということで、遠い昔の遠く離れた国の歴史をこれだけ生々しく(身近に)描けるのは漫画の特権だと思った。漫画は自閉的で記号的だとよく批判されるが、だからこそ空から落ちてきた少女の御伽噺や近所の幼馴染との恋愛と同レベルのリアリティで人類の負の歴史も描いてしまう。それはこの作品とともにヴィンランドサガやヒストリエやアンゴルモアが証明してきたではないか。その創作上の無邪気さが漫画の欠点でもあり長所でもある。いくら四肢が切断されても、頭部が転がっても記号的な身体は内面を表現できない。でもだからこそ容易に世界に届いてしまう。by なかがわ (104)

ひょうげもの。戦国時代の漫画は多々あるけれども文化面で漫画にするのはすごい。 三英傑が出てくるということもあり漫画はやっぱり面白く展開も派手。織部好みをいい意味でコミカライズしており楽しい。戦国文化面のストーリーは千利休だとどうしても政治色が強いので、へうげものの方が気軽に読める。by Shintaro Hirashima (181)

三国志で「悪党にされがちな」曹操の視点から描かれた三国志。 名言・名シーンがとにかく多く読み続けても止まらないテンポの良さが素晴らしい、 しかしながら連載中に原作担当の方が亡くなられてしまい若干失速。 最終盤も「打ち切りなのか?」と疑わしくなってしまう物語の締め方にガッカリしてしまう。 でも読む価値はアリ。 三つの天を奪い合った漢たちの生き様を刮目して見るべし。by サンリセ (8)

人生を変えた漫画。幕末のこの時代に世界に負けない日本を作るために身分の垣根も気にせず奔走する姿に心を打たれます。 剣術で日本一になったにも関わらず、それでは日本を変えられないと気づき、海外の知識を得て貿易を始め、幕府要人、倒幕派要人の間を命を狙われても尚行き来し日本を変えて行く。 ソフトバンクの孫さんも尊敬する人に坂本龍馬をあげているのも納得できる。(ソフトバンクのロゴは坂本龍馬の海援隊と同じ) 日本で初の株式会社を作ったのも坂本龍馬であり、ビジネスマンとしてもとても優秀であった点も素晴らしいです。by ヒロクアサイ (236)

12345