「次にくるマンガ大賞2018」ノミネート作品

並び替え:

繊細で緻密な美しい描写に見惚れるだけでなく、「書が人を造り 書が世界を創っているんだ」という世界観に惹き込まれる。そしてなおかつ、物語の頁を進めるのは自分自身の手に他ならない!‬ ‪これは、本の力で世界を繋ぐ物語。‬by レクシア (192)

最高です!☆5を付けてしまいました! ハヤテのごとく!の既視感が初めの部分にありましたが、コメディーは控えめにリアルな日常恋愛にフォーカスしていてとても楽しいです✧ 途中やたらリアルなトレンドワードが出てきたりするのも楽しく、ワードが出るとすぐググって調べたらホントだったりします 笑 ちなみに、ハヤテのごとく! は連載開始時はキャラやドラマが面白かったのですが、途中からどんどんSFコメディー化していき、消化不良になってしまいましたが、この作品はその連載当初の良さが生かされていると同時に、畑先生の絵も進化していて総じて面白いです。 主人公のポジティブな性格や、奥さんもお金持ちのはずなのにヤケにシビアな金銭感覚の持ち主だったり ツンデレな部分もあったり 笑 見ていて色々 癒やされます(^ ^) 個人的にはコレが畑先生に求めていた作品だなと感じており、3巻から先の連載が待ち遠しい状態です。by Shin (502)

ロストテクノロジーと化した科学の再生と文明の進歩を早回しで見ている感じ。科学実験でわくわくするような人は大体楽しめると思う。敵対勢力とのバトルの行方やまだ未解決の人類石化の謎も今後どう展開していくのか楽しみ。by t-nashi (369)

幕末、絶滅危惧種の忍者のおじいさんが頑張る話。おじいさんがとても素敵なキャラクター(´∀`)そしてリアルっぽい忍術と忍者の道具たち。アクションシーンの表現もステキ!ワクワクしながら読めます。。 あ、藤堂平助子どもバージョンもでてきます!かわいい。by bissy (224)

とよ田先生最新シリーズ。これまでも青春や愛を特殊な形で描いてきた先生だが、今回の作品もまた、他者では描けないとよ田節とでも言うべき流れで構成されている。これをどう読むかは読者次第。私は大好きである。by 森脇かみん@サブカルメディカル掲載中 (45)

「演じる」という行為の魅力、鳥肌の立つような快楽の表現が及んでいない それ以外のノイズの方が多い 今連載は面白くなってるらしいけどここからどう面白くなるのか…? ガラスの仮面、累を読み返したくなったby 高等遊民 (5)

対人関係で悩みを抱える主人公が、その悩みの原因であった「才能」で人と繋がり、夢である料理人に一歩ずつ近づくお話。短所が長所として認められていく瞬間瞬間で胸を打つ。「王様たちのバイキング」が好きな人にオススメかも。by あ! (4)

12