「次にくるマンガ大賞2019」ノミネート作品

並び替え:

創世のタイガ

3.14

1151

17

発刊:2017.08.23

既刊5巻

ホーリーランド 森先生の新境地 太古の世界にタイムスリップしてしまった現代の青年たち 想像以上に面白く。新しい話を待ちわびています。ストーリーに出てくるサバイバル的 設定や、野生との戦いと、その葛藤がひしひしと伝わってきます。by Shin@デザイナー (623)

最高です!☆5を付けてしまいました! ハヤテのごとく!の既視感が初めの部分にありましたが、コメディーは控えめにリアルな日常恋愛にフォーカスしていてとても楽しいです✧ 途中やたらリアルなトレンドワードが出てきたりするのも楽しく、ワードが出るとすぐググって調べたらホントだったりします 笑 ちなみに、ハヤテのごとく! は連載開始時はキャラやドラマが面白かったのですが、途中からどんどんSFコメディー化していき、消化不良になってしまいましたが、この作品はその連載当初の良さが生かされていると同時に、畑先生の絵も進化していて総じて面白いです。 主人公のポジティブな性格や、奥さんもお金持ちのはずなのにヤケにシビアな金銭感覚の持ち主だったり ツンデレな部分もあったり 笑 見ていて色々 癒やされます(^ ^) 個人的にはコレが畑先生に求めていた作品だなと感じており、3巻から先の連載が待ち遠しい状態です。by Shin@デザイナー (623)

人類存亡をかけての神と人間が13対13のガチンコバトル。人間が神に勝てんのかよ!?でもどうせ勝っちゃうんでしょ!??ってのが良い塩梅で裏切られつつストーリーが進んでいく。1巻の終わりでバトル出場者一覧が公開され、知ってる名前のキャラがどんな感じで登場するんだろう…ってのが楽しみでならない。「やるじゃない」っていう別作品の小ネタを挟んでくるあたりマンガ愛を感じ、そこからの好感度でこの作品がより楽しめます(^O^)by t-nashi (382)

フィクションでの「誰かと出会って一緒に暮らす話」って、初めは上手くいかなくても、最後には仲良しになるじゃないすか。 そういうテンプレ感が無いです。大人と高校生では人との距離の取り方とか空気の読み方とか違うから。まさしくお互いに手探り状態。その描写がリアルです。 日常会話劇はセンス無いと描けないけどほんと上手いっす。特に比喩表現。 by Oteru (243)

ワンダンス

3.05

710

11

発刊:2019.05.23

既刊1巻

毎月アフタヌーンで読んで、マガポケでも読んでますが何度読んでも最高です。 迫力ある身体の描き方、振りを示す光の残像、照明のような光の演出、格好いいファッション、カボくんとワンダさんの個性。 挙げればきりがないほど好きなところばかりです。 聴いたことのある洋楽が作中で使われているので、曲の想像がしやすく格好良さがよくわかります。 いずれアニメ化・実写化してほしい今年イチバン熱い部活漫画です。by Taka (94)

水は海に向かって流れる

3.12

768

13

発刊:2019.05.09

既刊1巻

作品情報ページ

列島さんは何よりもセリフ回しと雰囲気が好きなんですが....現実感のある雰囲気に起こる非日常という絶妙なアンバランス感が前作から大好きでね! ぬるぬるっと話が進行しながら、終わるとああ、先が気になるなあと、ゆったり先を楽しみにできそうな、これからが楽しみな作品です by ぐし (328)

12